[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フューリー、ワイルダー撃破&戴冠に母国沸騰 英解説者「こんなの見たことあるか?」

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチが22日(日本時間23日)、米ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで行われ、元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が王者デオンテイ・ワイルダー(米国)に7回1分39秒TKO勝ち。引き分けに終わった2018年12月以来の“世紀の再戦”を制し、V10を誇る王者から王座奪取を達成した。世界王座返り咲きに母国メディアも歓喜の声を上げている。

タイソン・フューリー(左)とデオンテイ・ワイルダー【写真:AP】
タイソン・フューリー(左)とデオンテイ・ワイルダー【写真:AP】

フューリーが衝撃の7回TKO勝ち、母国の元王者やメディアが絶賛

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチが22日(日本時間23日)、米ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで行われ、元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が王者デオンテイ・ワイルダー(米国)に7回1分39秒TKO勝ち。引き分けに終わった2018年12月以来の“世紀の再戦”を制し、V10を誇る王者から王座奪取を達成した。世界王座返り咲きに母国メディアも歓喜の声を上げている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 英メディアにも衝撃を走らせた。フューリーは左ジャブを軸に積極的に前に出た。すると、3回に右のオーバーハンドをワイルダーの左側頭部にヒット。一気に流れを呼び込み、5回にもボディーで2度目のダウンを奪って圧倒した。7回にレフェリーストップ。リング上で勝利の歌も熱唱するなど、フューリー劇場を世界に発信した。

 かつての3団体統一王者の世界王座奪取。母国の英公共放送「BBC」は「フューリーがワイルダーをラスベガスで殴りまくった」の見出しで報道した。続けて「3回と5回にワイルダーはリングに倒れこんだ。最も恐れられていたパンチャーである彼をそうさせたのは今まで誰もいなかった」と、43戦42勝(41KO)1分け無敗だったワイルダーにプロ初黒星をつけたことを称賛。さらにこう記している。

「31歳のフューリーは約束した全てのことを実行し、力で抑え込むスタイルに変化し、無敗のライバルを打ち負かした」

 元WBC世界スーパーミドル級王者で、引退後は解説者を務めるカール・フローチ氏は自身のツイッターに「こんなの見たことあるか? フューリーは本当に素晴らしかった!」とつづっている。世界が注目した“世紀の再戦”で圧勝を飾ったフューリー。母国に吉報を届ける王座奪取となったようだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集