[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フューリー、激闘中の“首舐め挑発”決定的瞬間に米賛否「不快だ」「狂ってるよ」

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチが22日(日本時間23日)、米ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで行われ、元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が王者デオンテイ・ワイルダー(米国)を7回1分39秒TKO勝ちで下した。引き分けに終わった2018年12月以来の再戦を制し、V10を誇る王者から王座奪取。強さを見せつけたが、激闘の試合中に見せた奇怪な行動に賛否の声が上がっている。

タイソン・フューリー【写真:AP】
タイソン・フューリー【写真:AP】

6回終了間際、クリンチしたワイルダーに対してとった行動は…

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチが22日(日本時間23日)、米ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで行われ、元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が王者デオンテイ・ワイルダー(米国)を7回1分39秒TKO勝ちで下した。引き分けに終わった2018年12月以来の再戦を制し、V10を誇る王者から王座奪取。強さを見せつけたが、激闘の試合中に見せた奇怪な行動に賛否の声が上がっている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 序盤から手に汗握る展開となったヘビー級世界戦。ファンの度肝を抜いたのは、6回終了間際だった。残り20秒頃に意識が朦朧としていたワイルダーがクリンチ。受け止めたフューリーの行動にファンは驚かされた。なんと抱き合った王者の首筋をペロペロと舐めるような素振りを見せた。首筋には血と汗が流れている状態。挑戦者は挑発するようにニヤリと笑っていた。

 直後の7回に連打でTKO勝ち。43戦42勝(41KO)1分け無敗だったワイルダーにプロ初黒星をつけたが、米スポーツ専門局「ESPN」は「フューリーがワイルダーの首を舐めた」と公式ツイッターに2枚の“首舐め挑発”の決定的瞬間を投稿。フューリーが舌を出してワイルダーの首を舐めようとしている場面を捉えており、投稿のコメント欄にはファンから賛否の声が上がっている。

「奇妙だ、でもOK」
「不快」
「塩の味するでしょう?」
「なんてこった!」
「変人だ」
「あまり気分がよくないな」
「余裕を見せたんだね」
「フューリーは狂っている」
「これやっていいの?」
「スーパー野獣モードに入ったんだね、好きだな!」

 世界中を熱狂させる試合で王座奪取に成功したフューリー。挑発行為を歓迎する声もあれば、否定的な意見もあるようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集