[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

43戦無敗ワイルダーが衝撃の陥落 フューリーに脱帽「今日は一番強い男が勝った」

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチが22日(日本時間23日)、米ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで行われ、元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が王者デオンテイ・ワイルダー(米国)を7回1分39秒TKO勝ち。ワイルダーは引き分けに終わった2018年12月以来の再戦に敗れ、44戦目でプロ初黒星。11度目の防衛ならず、王者から陥落した。

敗れたデオンテイ・ワイルダー【写真:AP】
敗れたデオンテイ・ワイルダー【写真:AP】

44戦目でプロ初黒星「今日は言い訳をするつもりはない。負けだ」

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチが22日(日本時間23日)、米ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで行われ、元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が王者デオンテイ・ワイルダー(米国)を7回1分39秒TKO勝ち。ワイルダーは引き分けに終わった2018年12月以来の再戦に敗れ、44戦目でプロ初黒星。11度目の防衛ならず、王者から陥落した。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ワイルダーが壮絶に散った。序盤から積極的に前に出たフューリーの圧力に押され、3回には右のオーバーハンドを左側頭部に食らってダウン。これで一気に動きが鈍ると、5回にはボディーを受け、2度目のダウン。あとは防戦一方となり、なんとか立ち続けるのがやっとの状態に。7回にラッシュを食らい、ついにレフェリーストップ。呆然とした表情で立ち尽くした。

 過去43戦42勝(41KO)1分けと圧倒的な戦績を誇った王者が喫したプロ初黒星。試合後、リング上でインタビューを受けたワイルダーは「こういうことはあるんだ。今日は一番、強い男が勝ったということだ」と脱帽し、素直にフューリーを称えた。「この試合のために万全の準備をしたつもりだった。今日は言い訳をするつもりはない。負けだ」とサバサバと語った。

 その上で「またもっと強くなって帰ってくる。なんの言い訳をするつもりはない。ベスト同士の対決で盛り上がっただろう。これでボクシングは盛り上がった」と振り返った。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集