[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フューリー、衝撃の7回TKOで王座奪取 “世紀の再戦”で43戦無敗ワイルダーに圧勝

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチが22日(日本時間23日)、米ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで行われ、元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が王者デオンテイ・ワイルダー(米国)を7回1分39秒TKO勝ち。引き分けに終わった2018年12月以来の再戦を制し、V10を誇る王者から王座奪取。今年最初のビッグマッチで貫録を見せつけた。

タイソン・フューリー(右)とデオンテイ・ワイルダー【写真:AP】
タイソン・フューリー(右)とデオンテイ・ワイルダー【写真:AP】

ド派手なヘビー級世界戦、挑戦者フューリーが3回と5回に衝撃のダウン奪う

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチが22日(日本時間23日)、米ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで行われ、元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が王者デオンテイ・ワイルダー(米国)を7回1分39秒TKO勝ち。引き分けに終わった2018年12月以来の再戦を制し、V10を誇る王者から王座奪取。今年最初のビッグマッチで貫録を見せつけた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 リングは初回からいきなり熱狂の渦に包まれた。ワイルダーが自慢の右ストレートを入れると、フューリーも懐に入り込んで左を当てる。終了間際にもパンチを入れた。前日計量ではワイルダーが231ポンド(約104.7キロ)、フューリーが273ポンド(約123.7キロ)。2メートルを超える両者のぶつかり合いに本場のファンは大歓声を上げた。

 2回もワイルダーは右ストレートを狙いに行き、フューリーはボディーワークでかわす。互いの距離が近くなり、終了間際にもフューリーが左フックを当てると、ワイルダーが右ストレートを入れ返した。すると、3回の2分過ぎだ。フューリーが放った右のオーバーハンドがワイルダーの左側頭部を捉えた。王者は尻もちをついてダウン。フューリーは両拳を突き上げて喜び、再開後もワイルダーの足はふらついた。

 5回開始直後には、またもフューリーが右をぶち当てる。さらに攻勢に出るとボディーで2度目のダウンを奪った。再開直後にもダメージの残る王者にたたみかける。ロープ際でラッシュを浴びせ、TKO寸前まで追い詰めた。6回もフューリーが優勢だ。ジャブを当てるだけでふらつく王者。インターバルでも意識が朦朧とする。最後の瞬間は7回だ。コーナーに追い詰めたフューリーが右を連発で叩き込むと、レフェリーが試合を止めて決着した。43戦42勝(41KO)1分け無敗だったワイルダーは初黒星となった。

“ジプシー・キング”ことフューリーは王様のコスチュームをまとい、神輿で担がれながら入場に5分以上もかけて登場。一方、王者ワイルダーは黒のマスクと鎧を着たド派手な装いだった。リングサイドにはマイク・タイソンやイベンダー・ホリフィールドなど伝説のヘビー級王者たちの姿もあり、超豪華な顔ぶれに。テレンス・クロフォードなど現役の世界王者もずらりと並び、興行の大きさを感じさせる状態だった。

 米メディアによると、互いに負けても2800万ドル(約31億円)のファイトマネーが最低保証とされたメガマッチ。栄冠を手にしたのはフューリーだった。新王者はリング上のインタビューで「ワイルダー、彼は強さを見せた。正々堂々と戦った。彼は戦士です。彼はまたチャンピオンになるだろう」と相手を称え「素晴らしいビッグマッチだっただろ?」と観客に投げかけると、大歓声が上がった。その後にマイクを握り、得意の歌を熱唱してファンを喜ばせた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集