[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フューリー、1万6000人と歓喜の熱唱 リング上で1分以上マイク離さず、アラム氏も合唱

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチが22日(日本時間23日)、米ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで行われ、元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が王者デオンテイ・ワイルダー(米国)を7回1分39秒TKO勝ちで下した。引き分けに終わった2018年12月以来の再戦を制し、V10を誇る王者から王座奪取。今年最初のビッグマッチで貫録を見せつけ、持ち前の美声を披露した観衆1万6000人と大合唱した。

タイソン・フューリー【写真:AP】
タイソン・フューリー【写真:AP】

挑戦者フューリーが衝撃7回TKOでワイルダー撃破、勝利後のリングで歌声響かせた

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチが22日(日本時間23日)、米ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで行われ、元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が王者デオンテイ・ワイルダー(米国)を7回1分39秒TKO勝ちで下した。引き分けに終わった2018年12月以来の再戦を制し、V10を誇る王者から王座奪取。今年最初のビッグマッチで貫録を見せつけ、持ち前の美声を披露した観衆1万6000人と大合唱した。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 序盤から手に汗握る展開となったヘビー級世界戦。制したのはフューリーだった。3回に右オーバーハンドを王者の左側頭部に当ててダウンを先取。5回にはボディーで2つ目のダウンを奪った。終始優勢となり7回の連打でTKO勝ち。43戦42勝(41KO)1分け無敗だったワイルダーにプロ初黒星をつけ、リング上でマイクを握った。

「ワイルダー、彼は強さを見せた。正々堂々と戦った。彼は戦士だ。彼はまたチャンピオンになるだろう。素晴らしいビッグマッチだっただろ? トップランク、ボブ・アラムありがとう」

 相手を称え、米興行大手・トップランク社CEOのボブ・アラム氏に感謝を述べた新王者。すると、そのままマイクを離すことなく「じゃあ、歌を歌おうかな」と切り出した。突如、米国人歌手ドン・マクリーンの「アメリカン・パイ」を熱唱。これまでも勝利後に歌を披露してきたフューリーは、会場に美声を響かせた。

 マイクを通して轟く歌声。大熱狂の一戦を演じた新王者がリングに上がった陣営と大声で歌うと、なんと約1万6000人の大観衆も呼応するように歌い始めた。自身の隣に立つアラム氏にもマイクを向けると、世界的大物プロモーターも興奮した様子で一緒に歌った。「ラスベガスのみんなありがとう!」。歌い終えた新王者が感謝を述べると、さらに観衆のボルテージが上がった。

 強さを兼ね備えたエンターテイナー。まさにフューリー劇場となった一戦だった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集