[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

楢崎智亜が“完全体”へ スピードJC準Vも、欧州NO.1選手の新技習得中「5秒台出る」

東京五輪新種目となったスポーツクライミングのスピードジャパンカップは22日、東京・昭島市で行われ、東京五輪代表に内定している楢崎智亜(ともあ・TEAM au)は決勝で土肥圭太(鹿児島県山岳・スポーツクライミング連盟)に敗れて準優勝となった。五輪イヤーの初タイトル獲得はならなかったが、五輪金メダルへ欧州NO.1スピードクライマーの技術習得に手応えを見せた。

スピードジャパンカップで準優勝した楢崎智亜【写真:浜田洋平】
スピードジャパンカップで準優勝した楢崎智亜【写真:浜田洋平】

東京五輪新種目のスポーツクライミング、金候補の楢崎智亜が新スキップに手応え

 東京五輪新種目となったスポーツクライミングのスピードジャパンカップは22日、東京・昭島市で行われ、東京五輪代表に内定している楢崎智亜(ともあ・TEAM au)は決勝で土肥圭太(鹿児島県山岳・スポーツクライミング連盟)に敗れて準優勝となった。五輪イヤーの初タイトル獲得はならなかったが、五輪金メダルへ欧州NO.1スピードクライマーの技術習得に手応えを見せた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 複合世界王者が会場をどよめかせた。スピードはホールド(突起物)の位置が統一され、高さ15メートルの壁を登ってタイムの速さを競う。準決勝。楢崎はこの日全選手最速となる6秒42をたたき出した。決勝は中盤で足を踏み外すミスで優勝を逃し「安定したタイムなら勝てる相手だった。(ホールドを)蹴るタイミングが違って空中を蹴ってしまった」と悔しさを露わに。それでも、2月の寒さをものともしない動きで順調ぶりをアピールした。

 五輪初代王者に向けて習得を目指しているのが「マルチン・スキップ」と呼ばれる技術。2016年のスピード世界選手権を制したマルチン・ジェンスキー(ポーランド)の登り方だ。中盤で左のホールドを飛ばして駆け上がる。楢崎は持ち前の鋼の肉体を駆使し、空中で体が浮かないように意識して登っていった。

 自身の持つ日本記録は6秒159だが、スピードで世界と戦うには5秒台が必須。昨年8月の世界選手権前から取り組み始め、1発目で6秒3をマークした。「もともと、相性がよかったんだと思います。このままやれば夏までには5秒台は出ると思う。五輪までには練習でも出るようにしたい」。日本人に苦手とされるスピードで世界と互角に渡り合えば、得意種目のボルダリング、リードでさらに差を広げられる。金メダルを奪うために苦手克服に励む。

 自身が編み出した、スタート直後のホールドを使わずに直線的に登る独自のスタイル「トモアスキップ」は海外選手がこぞってまねをする。最近では国内の女子選手でも流行してきたが、日本のエースは新技習得でさらに先を行こうとしている。「スピード専門の選手といい勝負ができたら」。成長意欲を持ち続け、“完全体”で東京五輪に挑む。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集