[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、後半戦初戦は17得点と躍動 “漢字入り新シューズ”披露も、チームは逆転負け

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは21日(日本時間22日)、本拠地でキャバリアーズと対戦。オールスター明け後半戦初戦に108-113で逆転負けを喫し、今季初の3連勝を逃した。怪我からの復帰以降、6試合連続スタメン出場となった八村塁は17得点、7リバウンド、3アシスト、2スティールを記録した。

八村塁【写真:Getty Images】
八村塁【写真:Getty Images】

オールスター明け初戦はキャバリアーズに敗戦、今季初の3連勝逃す

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは21日(日本時間22日)、本拠地でキャバリアーズと対戦。オールスター明け後半戦初戦に108-113で逆転負けを喫し、今季初の3連勝を逃した。怪我からの復帰以降、6試合連続スタメン出場となった八村塁は17得点、7リバウンド、3アシスト、2スティールを記録した。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール「3×3」・渡邉拓馬インタビュー(GROWINGへ)

 6日のトレード期限前にアンドレ・ドラモンドをピストンズから獲得したキャバリアーズと対戦したウィザーズ。八村は契約するエア・ジョーダンの新作をこの日から着用した。「八」「忠」「義」と漢字3文字が連なる斬新なデザインとなり、ファンの視線を集めた。

 試合も第1クォーター(Q)からエンジン全開。試合開始4分ほどでオフェンシブリバウンドからのダンクや、トップ・オブ・ザ・キーからの3Pなど4本すべてのフィールドゴールを成功させ、早くも9得点。残り3分35秒には、ディフェンシブリバウンドを拾って自らボールをプッシュ。敵陣に入ると、八村の左側からペイント内へ走りこむトロイ・ブラウンJr.へ冷静なパスを出し、レイアップをアシストするなど、得点以外でも攻撃を支えた。

 第2Q残り5分48秒から再びコートに立った八村は、残り3分20秒にブラッドリー・ビールのスティールからトランジションで敵陣へ走り込む。ビールからのロングパスを受けると、相手とのコンタクトに耐えながらレイアップを沈めて2桁得点に乗せた。チームは、最大16点のリードを得たものの、残り約2分からセディ・オスマンに10得点を許すなど追い上げを許し、66-61の5点リードで試合を折り返した。

 ケビン・ラブのディフェンスに遭いながら、両チーム通じて後半最初の得点をレイアップで記録した八村。残り7分37秒にはビールがドラモンドの上から強烈なダンクを決めて雄叫びを上げると、会場は熱狂の渦に。ビールは1分経たずにもう1本豪快なダンクを決め、キャバリアーズに流れを渡さない。八村も負けじと残り4分53秒にイシュ・スミスからのパスを受けてダンクを沈め、この日15点目を挙げた。

 残り4分31秒にケビン・ポーターJr.がこの日2つ目のテクニカルファウルを犯して退場。八村は、ベテランのラブ相手にポンプフェイクからファウルを誘発。フリースローを獲得し、2本とも成功させた。第3Qに2つのリバウンドも記録した背番号8は残り3分16秒にデイビズ・ベルターンズとの交代でベンチへ下がった。

 6点リードで最終Qに入ったウィザーズだったが、反撃に遭って追いつかれ、八村は第4Q残り6分47秒に再びコートへ。しかし、攻守に渡って奮闘したが、流れを食い止めることができずに逆転負け。チームは今季初の3連勝を逃した。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集