[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ワイルダーがキャリア最重量104kg記録 フューリー初戦から8kg増、KO決着は不可避か

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチ、王者デオンテイ・ワイルダー(米国)と元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)戦の前日計量が21日(日本時間22日)に行われ、ワイルダーは231ポンド(約104.7キロ)を計測。これはキャリア最重量になったと米記者がレポートした。

デオンテイ・ワイルダー【写真:Getty Images】
デオンテイ・ワイルダー【写真:Getty Images】

前日計量で231ポンド、対するフューリーも273ポンドで前回対戦から大幅増

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチ、王者デオンテイ・ワイルダー(米国)と元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)戦の前日計量が21日(日本時間22日)に行われ、ワイルダーは231ポンド(約104.7キロ)を計測。これはキャリア最重量になったと米記者がレポートした。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 “世紀の再戦”へ、ワイルダーが破壊力を増した肉体で挑む。黒のジャージを穿き、上半身裸で計量に立った爆撃機。211センチの巨体は筋骨隆々そのもの。図太い腕に、ボディは一段と厚さを増した印象だ。威風堂々の振る舞いでフューリー派のファンからブーイングも飛ぶ中、231ポンドで計量を終えた。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のマイク・コッピンガー記者は、フューリーとの前回対戦時が212.5ポンド(約96.3キロ)だったと紹介した上で、今回について「デオンテイ・ワイルダーにとって、キャリア最重量だ」とツイート。フューリーとの初対戦から8キロ以上も増やしたことになる。

 一方で、フューリーは273ポンド(約123.7キロ)を計測。256.5ポンド(約116.2キロ)だった前回対戦時から、こちらも7キロ以上増やしている。ともに大幅に体重を増したことで、よりKO決着の現実味が帯びてくる。そうなると、勝つのは一体どちらなのか。米国では早くも盛り上がりを見せている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集