[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、歴史的「スーパースラム」達成に海外記者が絶賛「史上最大に記録的な日だ」

フィギュアスケートの4大陸選手権は9日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)が187.60点、合計299.42点で初優勝を飾った。「バラード第1番」を演じたSPに続き、17-18年シーズンに使用した「SEIMEI」再演で戴冠。これにより、ジュニア&シニアの主要国際大会を完全制覇する「スーパースラム」という男子初の快挙を達成した。海外記者も「今日は史上最大に記録的な日になったと言える」と称えている。

4大陸選手権で優勝した羽生結弦【写真:AP】
4大陸選手権で優勝した羽生結弦【写真:AP】

ジュニア&シニアの主要国際大会6つをすべて制す男子初の快挙

 フィギュアスケートの4大陸選手権は9日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)が187.60点、合計299.42点で初優勝を飾った。「バラード第1番」を演じたSPに続き、17-18年シーズンに使用した「SEIMEI」再演で戴冠。これにより、ジュニア&シニアの主要国際大会を完全制覇する「スーパースラム」という男子初の快挙を達成した。海外記者も「今日は史上最大に記録的な日になったと言える」と称えている。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理インタビュー(GROWINGへ)

 フィギュア界の歴史に「Yuzuru Hanyu」が名前を刻んだ。羽生は2年ぶりに「SEIMEI」を再演。冒頭の4回転ルッツで大きくバランスを崩し、中盤の4回転トウループは転倒した。それでも、最後に3回転アクセル―3回転トウループを組み込み、さすがのリカバリーを発揮。300点にこそ届かなかったが、貫禄を見せつけ、大会初優勝を飾った。

 これにより羽生はジュニアの世界選手権、グランプリ(GP)ファイナル、シニアの五輪、世界選手権、GPファイナル、4大陸選手権(欧州選手権)という主要国際大会6つをすべて制す「スーパースラム」の快挙を達成。日本のみならず、海外からも新たな金字塔に拍手が送られている。

 欧州衛星放送局「ユーロスポーツ」で解説を務めるマッシミリアーノ・アンベシ氏は「ユヅル・ハニュウがついに4大陸選手権の王者になった」と記述。男子事象初めて「スーパースラム」を達成したことを記した上で「4大陸選手権で初めて表彰台に上がってから9年が経ったが、今日は史上最大に記録的な日になったと言える」と敬意を表した。

 これまで男子史上66年ぶりの五輪連覇など、数々のレコードを打ち立ててきた羽生。2020年2月9日、フィギュア界の歴史に新たな偉業が刻まれた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集