[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

強くて優しい羽生結弦、神演技後の“プーさん拾い”に反響「こんなシーン初めて見た」

フィギュアスケートの4大陸選手権は7日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、羽生結弦(ANA)が世界歴代最高得点となる111.82点をマークし、首位発進。2年ぶりに披露した名プログラム「バラード第1番」で衝撃の演技を披露したが、話題となったのは演技後の“神行動”だ。投げ込まれたくまのプーさんのぬいぐるみを自ら拾い上げ、次の演技者に対する配慮を見せた。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

次の演技者に配慮「羽生くん自らフラワーボーイ?」

 フィギュアスケートの4大陸選手権は7日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、羽生結弦(ANA)が世界歴代最高得点となる111.82点をマークし、首位発進。2年ぶりに披露した名プログラム「バラード第1番」で衝撃の演技を披露したが、話題となったのは演技後の“神行動”だ。投げ込まれたくまのプーさんのぬいぐるみを自ら拾い上げ、次の演技者に対する配慮を見せた。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理インタビュー(GROWINGへ)

 王者はいつも強く、優しい。帰ってきた「バラード第1番」とともに滑った羽生。冒頭の4回転サルコーを決めると、ジャンプ、ステップ、スピン、どれをとっても完璧な内容で演じ切り、一気に会場は沸き立った。まるで日本のような大観衆が降り注ぎ、そして客席から凄まじい量のくまのプーさんのぬいぐるみが投げ込まれる。銀盤があっという間に黄色く染まった。

 一斉に飛び出したフラワーキッズたちが拾い上げるが、あまりの量に動いたのはなんと、観衆の声援に応えていた羽生自身だった。身をかがめて拾い上げ、リンクサイドに運んでいく。めったに見られない光景だ。次の演技者は同門でもあるジェイソン・ブラウン(米国)。演技に影響がないように配慮し、粋な計らいを見せると、ネット上も大きな反響が集まった。

 国際スケート連盟(ISU)公式ツイッターは客席からくまのプーさんのぬいぐるみが投げ込まれる様子を動画で公開する一方、日本のファンからは「羽生くん自らフラワーボーイ?」「次の人のために一緒にプーさん片付ける羽生君が素敵すぎた」「プーさん拾ってて偉い」「こんなシーン初めて見た」「プーさん拾う羽生くんも素敵だ…!」などと称賛の声が上がっていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集