[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥はウォードの後継者 3年後の“最強候補”に米指名「全くショックない」

井上尚弥はウォードの後継者 3年後の“最強候補”に米指名「全くショックない」

プロボクシングのWBO世界スーパーフライ級王座で6度目の防衛を果たした井上尚弥(大橋)。注目は次戦のマッチメークに注がれているが、米メディアは無敵の日本人王者について、現役引退を発表したばかりの3団体統一世界ライトヘビー級王者アンドレ・ウォード(米国)の後継者の一人に挙げている。米スポーツメディア「ブリーチャーリポート」が報じている。

米メディアがウォードの後継者3人を指名「PFPランク1位になっても全くショックない」

 プロボクシングのWBO世界スーパーフライ級王座で6度目の防衛を果たした井上尚弥(大橋)。注目は次戦のマッチメークに注がれているが、米メディアは無敵の日本人王者について、現役引退を発表したばかりの3団体統一世界ライトヘビー級王者アンドレ・ウォード(米国)の後継者の一人に挙げている。米スポーツメディア「ブリーチャーリポート」が報じている。

 日本が世界に誇る「Naoya Inoue」がボクシング界、最強の系譜を受け継ぐかもしれない。

 現役最強と称されたウォードは21日に現役引退を電撃発表した。32戦全勝でWBA、IBF、WBOの3団体を制したスターの幕引き。米ボクシング誌「ザ・リング」が全17カテゴリーのボクサーを比較する「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」という格付けで頂点に君臨するのが、ウォードだった。

 しかし、無敗王者の引退により、ボクシング界の勢力図は大きく変わりそうだ。現在、PFPランクで堂々の9位に付けている井上に近い将来、PFPランクトップになり、最強ボクサーの称号を手にする可能性があるという。

「ブリーチャーリポート」の記事では、こう分析している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー