[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、男子初の「スーパースラム」達成なるか 海外特集「演技変更は衝撃的だ」

フィギュアスケートの五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)は6日開幕の4大陸選手権に3年ぶりに出場する。この大会で期待がかかるのが、男子史上初の「スーパースラム」だ。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

6日開幕の4大陸選手権…ジュニア&シニア主要国際大会完全Vの快挙へ

 フィギュアスケートの五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)は6日開幕の4大陸選手権に3年ぶりに出場する。この大会で期待がかかるのが、男子史上初の「スーパースラム」だ。ジュニアの世界選手権&グランプリ(GP)ファイナル、シニアの五輪、世界選手権、GPファイナル、4大陸選手権という主要国際大会を制覇する快挙なるか、海外メディアが特集。今大会からプログラムを変更することについては「衝撃的」と驚いている。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理インタビュー(GROWINGへ)

「ハニュウが五輪で優勝した時のプログラムを使って『スーパースラム』達成に挑む」と特集したのは、IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」だ。記事では、今大会からショートプログラム(SP)、フリーともに優勝した平昌五輪当時のものに変更すると紹介。その上で、過去3度の出場はすべて2位に終わっている今大会で期待される偉業について触れている。

「ユヅル・ハニュウは今週行われる4大陸選手権に出場するが、そこで男子では初となる『スーパースラム』の達成に挑む」と紹介。「スーパースラム」とはジュニアの世界選手権、GPファイナル、シニアの五輪、世界選手権、GPファイナル、4大陸選手権の主要国際大会を制覇すること。羽生はジュニア時代はもちろん、オリンピックと世界選手権は2度、GPファイナルは4度優勝しているが、4大陸選手権だけが届いていないタイトルだった。

 記事では「平昌五輪王者になった以降、25歳のハニュウはスケートリンクの上で調子の波を経験しているが、それでも(達成する)チャンスの扉は開かれている」と期待。「シーズン途中でのプログラムの変更は衝撃的だ」としながら、今大会の演技は3月の世界選手権につながるだろうとの見通しを示している。フィギュア史上に刻む新たな快挙は生まれるか。注目が集まっている。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集