[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の逃げない姿勢評価 米記者がため息交じりに絶賛「イノウエって男は…フー」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでの対戦が濃厚となっている。米ボクシング専門誌「リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で3位に入るモンスター。強敵と戦い続ける姿勢に、米スポーツ専門局「ESPN」のコメンテーター、ベルナルド・オズナ氏は「本物のモンスター」と魅力を語っている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

リング誌対談企画で井上尚弥が話題に、出演者が「本物のモンスター」と絶賛

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでの対戦が濃厚となっている。米ボクシング専門誌「リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で3位に入るモンスター。強敵と戦い続ける姿勢に、米スポーツ専門局「ESPN」のコメンテーター、ベルナルド・オズナ氏は「本物のモンスター」と魅力を語っている。

【PR】2020年の目標はインカレ総合2連覇 中央大学自転車競技部が選んだ“パートナー”とは

 聖地ラスベガス上陸が迫るモンスターが話題に上がったのは、リング誌の対談企画「リング・レポート」だった。ダグ・フィッシャー編集長とオズナ氏、司会のベト・デュラン氏が最新の話題を紹介する中、テーマの一つがPFPだった。

「順位の変更で言えば、テレンス・クロフォードがスリップしましたね。1位はカネロ・アルバレス、2位はワシル・ロマチェンコです。3位はモンスターです。ナオヤ・イノウエ。リング誌のバンタム級王者でもあります」

 フィッシャー編集長が現在の3強を解説すると、デュラン氏は井上が単独表紙を飾ったリング誌を取り出した。「この男だよ」とフィッシャー氏が語ると、オズナ氏は「ノニト・ドネア戦は年間最高試合でしたよ」と11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズバンタム級決勝の死闘を改めて絶賛した。

 そして、フィッシャー氏は「実際のところ、クロフォードに取って代わったのはイノウエなのです。クロフォードは2位か3位でしたから。今は4位です」と説明。スーパーライト級時代に4団体統一王者だったクロフォードの世界3傑の座を奪った男として、井上を紹介した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集