[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松島幸太朗に続け ジョセフHCが代表選手の海外挑戦歓迎「さらに成長できる」

日本ラグビーフットボール協会は29日、男子15人制日本代表記者会見を都内で行い、今後の強化方針などを示した。ワールドカップ(W杯)日本大会で8強に導いたジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC)が会見に出席。選手の海外挑戦を歓迎した。

サントリーの松島幸太朗【写真:奥井隆史】
サントリーの松島幸太朗【写真:奥井隆史】

都内で会見、ジョセフHCは昨季W杯で「選手たちの需要が高まっている」と実感

 日本ラグビーフットボール協会は29日、男子15人制日本代表記者会見を都内で行い、今後の強化方針などを示した。ワールドカップ(W杯)日本大会で8強に導いたジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC)が会見に出席。選手の海外挑戦を歓迎した。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 日本ラグビー界のさらなる発展は、海の向こうにもあると考えている。柔和な雰囲気で会見に臨んだジョセフHC。表情が引き締まったのは、昨季のW杯を振り返っていた時のことだ。「昨年の成功は、日本に様々なプラスの要素をもたらしたと思うが、一方で様々な課題も新たに背負うようになったと思う。一つは、プレーヤー達の要求、『やりたい』という気持ちが芽生えている。選手たちの需要が高まっている」と指摘した。

 W杯で輝いた選手が、国外からも求められる兆候があるという。ジョセフHCは、W杯で活躍した松島幸太朗(サントリー)が、2020-21年シーズンにフランスリーグASMクレルモン・オーヴェルニュに移籍することを取り上げ「私としてはこれから他の選手もそういう機会が、去年の成功を足掛かりに出てくると思う」と予想した。

 さらに「適切な選手が、適切なタイミングで、そういった機会を得て出ていくということは、その選手のスキルをさらに磨き、海外でこれまで自分たちが思っていたのと違うラグビーであったり、違うコーチングの下でできる。素晴らしい選手がさらに成長できる、とてもいいことだと思います」と、異国でスキルアップすることを歓迎した。

 ジョセフHCは、W杯後に契約が23年12月31日まで延長され、次回の23年フランスW杯も指揮を執る見通しとなっている。「昨年チームが成し遂げてくれたことに誇りと名誉を感じているが、これからもチームが向かっているチャレンジがある。これからの4年間は非常にワクワクしている」。大きな可能性を秘めた日本ラグビー界。海外から経験と技術を持ち帰る選手が増えれば、成長スピードはさらに速まるはずだ。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集