[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ウィザーズ、敵地でキャブスに逆転勝ちで15勝目 八村塁は19戦連続欠場も復帰間近

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは23日(日本時間24日)、敵地でキャバリアーズに124-112で勝利。22日ヒート戦の悔しい延長戦負けから素早い立て直しを見せた。鼠径部打撲で離脱中の八村塁は19戦連続で欠場したが、前日に練習復帰へのゴーサインが出るなど、復帰へ向けて最終段階に入っている。

両チームトップの36得点をあげたウィザーズのブラッドリー・ビール(右)【写真:AP】
両チームトップの36得点をあげたウィザーズのブラッドリー・ビール(右)【写真:AP】

前日の延長戦負けから一転、ハイスコアゲームでキャブス下す

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは23日(日本時間24日)、敵地でキャバリアーズに124-112で勝利。22日ヒート戦の悔しい延長戦負けから素早い立て直しを見せた。鼠径部打撲で離脱中の八村塁は19戦連続で欠場したが、前日に練習復帰へのゴーサインが出るなど、復帰へ向けて最終段階に入っている。

【PR】2020年の目標はインカレ総合2連覇 中央大学自転車競技部が選んだ“パートナー”とは

 ヒート戦からバックトゥバックで迎えたこの日、ウィザーズのスコット・ブルックスHCは前日からスタメン変更。アイザック・ボンガに代えてトーマス・ブライアントをスタメン起用し、イアン・マヒンミとのツインタワーを形成。フロントコートにサイズを加えてこの試合に挑んだ。

 試合開始から5分も経たないうちに、12点のリードを奪われるスロースタートとなったウィザーズだが、第1クォーター(Q)残り7分29秒にタイムアウト。ディフェンスを修正しディフェンシブリバウンドを奪って、相手にセカンドチャンスを与えない。さらにブラッドリー・ビールを中心にオフェンスが徐々に温まり始め、13連続得点で逆転。リードを奪って第1Qを終えた。

 第2Qに入り、デイビス・ベルターンズが3Pを3本連続で成功させるなどリードを広げたウィザーズ。イシュ・スミスやアンジェス・パセチニクスなど、ベンチメンバーの活躍もあり、キャバリアーズに付け入る隙を与えない。ケビン・ラブ、トリスタン・トンプソンを擁する相手に、リバウンド数でも8本上回ったウィザーズが、68-61の7点リードを得て試合を折り返した。

 第3Qもペースを握ったのはウィザーズ。50%を超える3P成功率と55%を超えるフィールドゴール成功率を維持し、第4Q前に100点到達。リードを広げて最終4Qへ。最後までキャバリアーズの反撃をしのぎ切ったウィザーズは連敗を止め、15勝目(29敗)を手にした。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集