[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マクレガー、衝撃40秒殺で病院送り 欧米メディア絶賛「キャリアで最も輝かしい内容」

総合格闘技団体「UFC」の「UFC246」が18日(日本時間19日)、米ラスベガスで行われ、1年3か月ぶりの復帰戦となったコナー・マクレガー(アイルランド)がドナルド・セローニ(米国)に40秒TKO勝ち。衝撃の秒殺劇で世界が注目した一戦を勝利で飾った。圧巻の“肩パンチ”で鼻血を出させ、一気に葬ったセローニを試合後に病院送りにする強さを発揮。欧米メディアも「キャリアの中でも最も華々しいパフォーマンスの一つ」と絶賛している。

復帰戦を白星で飾ったコナー・マクレガー【写真:Getty Images】
復帰戦を白星で飾ったコナー・マクレガー【写真:Getty Images】

圧巻の“肩パンチ4連発”からTKO勝ち、セローニは試合後に病院へ

 総合格闘技団体「UFC」の「UFC246」が18日(日本時間19日)、米ラスベガスで行われ、1年3か月ぶりの復帰戦となったコナー・マクレガー(アイルランド)がドナルド・セローニ(米国)に40秒TKO勝ち。衝撃の秒殺劇で世界が注目した一戦を勝利で飾った。圧巻の“肩パンチ”で鼻血を出させ、一気に葬ったセローニを試合後に病院送りにする強さを発揮。欧米メディアも「キャリアの中でも最も華々しいパフォーマンスの一つ」と絶賛している。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 あまりの強さに欧米メディアも驚いた。開始直後、マクレガーは豪快に狙いにいった左ストレートが空振り、セローニにスタンディングで絡まれたが、次の瞬間だ。跳び上がるようにして、左肩を相手の顔面にぶつける。それを2度、3度、そしてもう一発。最後は左膝を見舞うと、セローニは鼻から出血した様子だった。

 圧巻の“肩パンチ”から流れを奪うと、左ハイキックでセローニをぐらつかせ、フェンス際に追い込んで倒した。あとはひたすら左拳を振り下ろし、セローニは防戦一方に。レフェリーが試合を止め、あっというまに試合終了。40秒の秒殺劇だった。ラスベガスの会場は瞬く間に熱狂のるつぼと化した。

 米スポーツ専門局「ESPN」のスポーツ番組「スポーツセンター」公式インスタグラムは強烈な肩パンチ4連発を動画付きで公開。「ESPN」電子版では「マクレガーが攻め立てるとセローニの体が揺らいだ。セローニは膝から崩れ落ち、マクレガーはレフェリーが止めるまで猛攻を続けた」と戦いぶりを伝えた。記事によると、セローニは頭部の負傷への検査のため病院へ向かったという。

 アイルランド出身のマクレガーとあって欧州でも高い関心を呼んでおり、英公共放送「BBC」は「コナー・マクレガー、ドナルド・セローニに40秒勝利」との見出しで伝え、記事では「31歳のマクレガーが、彼のキャリアの中でも最も華々しいパフォーマンスの一つを見せ、トップに踊り出た」とキャリアNo.1級の内容と絶賛した。

 記事では、マクレガーが「今夜、オレは歴史を作った。しかも、新記録だ。UFCの歴史の中で、オレはフェザー級、ライト級、ウェルター級の3階級でノックアウト勝利を飾った初めてのファイターだ。この事実を誇りに思うね」と語ったことも伝えている。世界が注目する中で結果を残した“悪名高き男”。そのインパクトは瞬く間に轟いている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集