[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小6で身長178cm ロッテの4番・安田尚憲を形作った少年時代の「食事と睡眠」の習慣

プロ野球・ロッテの安田尚憲内野手が「THE ANSWER」のインタビューに応じた。今季は87試合で4番に座るなど1軍に定着した21歳は、小学6年生の時すでに身長178センチの規格外ボディーだった。朝から白米2合を食べていたという自身の経験も踏まえ、野球選手を目指す少年・少女へ“食トレ”の大切さを説くとともに、コロナ禍で感じてほしい周囲への感謝などについても語った。

今季ブレークしたロッテ安田。小学6年生で身長178センチの規格外ボディーだった【写真:宮内宏哉】
今季ブレークしたロッテ安田。小学6年生で身長178センチの規格外ボディーだった【写真:宮内宏哉】

今季ブレークの21歳が語る少年時代の“ノルマ”とは…

 プロ野球・ロッテの安田尚憲内野手が「THE ANSWER」のインタビューに応じた。今季は87試合で4番に座るなど1軍に定着した21歳は、小学6年生の時すでに身長178センチの規格外ボディーだった。朝から白米2合を食べていたという自身の経験も踏まえ、野球選手を目指す少年・少女へ“食トレ”の大切さを説くとともに、コロナ禍で感じてほしい周囲への感謝などについても語った。

「電車とかは、子ども料金の切符でよく(駅員に)止められましたね。バイキングなんかに行っても、子ども料金の証明というか、親は必ず保険証とかを持って行ってました」

 少年時代について懐かしそうに語ってくれた安田は、小学6年生の時に身長178センチ、靴のサイズは28.5センチという規格外の体を誇っていた。入学前からビッグだったが、特に4年生の頃からは年間10センチ程伸び続ける急成長。この頃すでに家族の中では1番背が高くなっていたという。

 現在の身長は188センチ、体重95キロ。野球を始めてから大きな怪我とは無縁だ。強く逞しい体は、どのようにしてできたのだろうか。秘密は食事と睡眠にあるようだ。

 両親ともに陸上で活躍した元アスリート。スポーツ一家の食卓では、安田が小学5年生の頃から白米2合が毎食の“ノルマ”になっていた。飲み物もお茶ではなく、基本は牛乳。早い時には午後9時に就寝していたという。

「たくさん食べていた、というよりたくさん食べさせられていたに近いですけど(笑)。夜も(両親から)『早くベッドに行きなさい』と。子どもの頃は『なんでこんなのしてるんやろ』という風に思っていましたけど、今となっては感謝ですね」

 大きな体だったとはいえ、小学生の頃は朝から白米2合を食べるのはさすがに大変だった。ただ、この“食トレ”の大切さが今となっては分かる。自宅通いだった大阪・履正社高に進学した頃には食べる体力がしっかりとつき、夏場のキツい時期にも食事が喉を通らないということはなかった。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集