[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小6で身長178cm ロッテの4番・安田尚憲を形作った少年時代の「食事と睡眠」の習慣

来季さらなる飛躍を目指す安田。オフは子ども達に目標とされる選手になれるよう鍛え抜く【写真:球団提供】
来季さらなる飛躍を目指す安田。オフは子ども達に目標とされる選手になれるよう鍛え抜く【写真:球団提供】

コロナ禍を過ごした子どもたちへ「感謝の気持ちを忘れないで」

 今季は87試合で4番を務めるなど、113試合に出場。規定打席に到達し、クライマックスシリーズ(CS)のソフトバンク戦では千賀滉大から本塁打を放つなど、2戦で9打数4安打4打点と活躍した。ただ、打率.221、6本塁打、54打点というシーズンの成績には納得いっていない。特に終盤は4番を外れるなど悔しい時期も過ごした。

「必ず来季につなげられるように過ごしていきたいです。プロは良い時も悪い時も、次の日は試合がある。ダメな時が続くと、気持ちの整理のつけ方の難しさ、弱気になってしまうこともありました。精神的にタフにならないといけないと感じています」

 今年は開幕すら危ぶまれた時期もあった。緊急事態宣言の期間中は、寮にこもってできることをやるしかないシチュエーションも経験した。コロナ禍を通じ、再認識したのは目標を見失わないこと、周囲への感謝の重要性だ。

「僕で言えば開幕1軍に入るというのがその時の目標。いつ開幕するかわからない状況でしたけど、頭の中では忘れないよう過ごしていました。今年はないんじゃないかと思うこともありましたし、シーズンが無事に終わったということはたくさんの方のご尽力、サポートのおかげだと思います」

 高校野球では春夏の甲子園大会が中止になるなど、学生スポーツも例年とは異なる1年を強いられた。「いろんな方がサポートしてできることもある。野球もそのうちの一つ。感謝の気持ちを忘れずにやってもらいたいです」。日常が戻った時には、子ども達にも周囲に対する感謝を感じてほしいと願う。

 このオフはパ・リーグの投手に共通している速く、強い直球を打ち返せるよう打力を磨いている。野球少年・少女にも目標にしてもらえる選手となれるよう、来季はさらに逞しい姿を見せるつもりだ。

「今年は右も左もわからない状況での1軍のスタート。来年は今年の悔しいシーズンを見返せる、もっと飛躍できるシーズンにしたいです。千葉ロッテマリーンズで戦っている姿を見て、野球少年たちがもっと野球を好きになるようなプレーが出来たらと思います」

■安田尚憲(やすだ・ひさのり)

 1999年4月15日、大阪府出身。履正社高で16年夏、17年春に甲子園に出場。高校通算65本塁打。17年ドラフト1位でロッテに入団。18年10月には球団の高卒新人としては28年ぶり3人目の本塁打を放った。今季はプロ入り後初めて1軍を完走。87試合で4番に座り、打率.221、6本塁打、54打点。CSではソフトバンク千賀から本塁打。21歳6か月での一発は、パ・リーグの打者ではCS史上最年少だった。188センチ、95キロ。右投左打。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集