[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【競泳】今井月をまた少し大人にした4日間 「誰かのために」を思い、幸せを感じた18歳の夏

【競泳】今井月をまた少し大人にした4日間 「誰かのために」を思い、幸せを感じた18歳の夏

想像を超える「最高の夏」になった。全国高校総体(インターハイ)の競泳(日本ガイシアリーナ)で、16年のリオデジャネイロ五輪に弱冠15歳ながら出場した豊川・今井月(3年)が4冠を成し遂げた。

個人と団体で4冠を達成した今井月(3年=豊川)【写真:荒川祐史】
個人と団体で4冠を達成した今井月(3年=豊川)【写真:荒川祐史】

「この夏、私にはインターハイしかない」と言って挑んだ涙と笑顔の18歳初レース

 想像を超える「最高の夏」になった。全国高校総体(インターハイ)の競泳(日本ガイシアリーナ)。全国から集まってきた高校生の中に一人、この大会にかける五輪スイマーがいた。豊川・今井月(3年)。16年のリオデジャネイロ五輪、弱冠15歳ながら世界の夢舞台に立った。しかし、東京五輪を2年後に控えた夏、18歳がまとっていたジャージは日の丸ではなく、母校のものだった。

「代表落ちした時はすごく悔しかった。その分、インターハイは絶対、活躍しようと」。同い年の池江璃花子(ルネサンス亀戸)はパンパシ水泳で国際大会初の金メダルを獲得。テレビ画面の中で君が代を歌う姿に刺激を受け、悔しさをエネルギーに変えた。大会中、事あるごとに「この夏、私にはインターハイしかない」と言った。思いをすべてプールにぶつけた。

 初日の200メートル個人メドレーを2分11秒00の大会新記録で制すと、アンカーを務めた女子400メートルリレーでは1位と2秒以上の差がついた2位で飛び込み、圧巻の泳ぎで逆転V。3日目の100メートル平泳ぎは1分07秒41の大会新記録で3連覇を達成し、800メートルフリーリレーで銅メダル。そして、最終日の400メートルメドレーリレーで4冠を達成し、大会を締めくくった。

 国際大会ではない。でも、だからこそ得られた収穫があったことも事実だ。相手は高校生。「怖がるものはない。積極的にいけば、どうにかなる」。200メートル個人メドレーは最初のバタフライで27秒87をマーク。100メートル平泳ぎは前半50メートルで32秒02と手応えのあるタイムを残した。自己ベストには届かなくとも泳ぎの引き出しは増え、さらなる進化のきっかけになった。

 そんなレース内容について「平泳ぎも成長しているかなと思うし、今後につながるレースができている。1日4種目はキツイけど、メンタル的に成長しているし、代表ではできない経験もできている」と前向きに話していた。「代表ではできない経験」は何も個人にまつわるものばかりではない。今大会、再三、口を突いたのは「仲間」という言葉だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー