[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

海外選手を受け入れる宿泊施設の舞台裏 用紙10枚以上の「食のリクエスト」内容とは

Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が「THE ANSWER」でお届けする連載。通常は食や栄養に対して敏感な読者向けに、世界のスポーツ界の食や栄養のトレンドなど、第一線で活躍する橋本氏ならではの情報を発信する。今回は「選手が滞在する宿泊施設の舞台裏」について。

今回のテーマは「選手が滞在する宿泊施設の舞台裏」について(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
今回のテーマは「選手が滞在する宿泊施設の舞台裏」について(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏の連載、今回は「選手が滞在する宿泊施設の舞台裏」

 Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が「THE ANSWER」でお届けする連載。通常は食や栄養に対して敏感な読者向けに、世界のスポーツ界の食や栄養のトレンドなど、第一線で活躍する橋本氏ならではの情報を発信する。今回は「選手が滞在する宿泊施設の舞台裏」について。

 ◇ ◇ ◇

 私たちスポーツ栄養士の仕事の一つに、選手が滞在する宿泊施設との交渉があります。食事は選手たちがよいパフォーマンスを発揮するために不可欠な、心身の基盤です。極度の緊張や慣れない環境下によるストレス、食べ慣れないものを口にするなどによって、体調を崩さないよう、何を、いつ、どのぐらい用意すればよいのか。食事担当者とやり取りを重ねて、調整・決定をします。

 私の場合、担当チームや選手の遠征時だけでなく、来日する海外のチーム・選手の食事担当者と宿泊施設の食事担当者の、調整役として入ることもあります。そして、世界的な強豪チームや、スポーツ先進国といわれるアメリカやオーストラリアのチーム担当者と接するたびに、食事に重きを置く彼らの姿勢を感じています。

 メニューを考案する栄養士は、食事に関する要望をまとめた「Menu Request」を宿泊施設に提出します。リクエストは、チーム専用のオフィシャルな用紙に10枚以上、ギッシリと書き込まれていることも珍しくなく、要望の多さ、細かさに、日本の受け入れ先の担当者が舌を巻くことは多々あります。

 リクエストの内容ですが、海外の代表レベルや強豪チームともなると非常に具体的です。「低脂肪を心掛ける」「できる限り新鮮な食材を使う」といった基本的な考え方から、「肉は中まで良く火を通す」といった調理方法、「食事開始15分前までにセッティングを済ませる」などの食事の提供方法まで、一つひとつの食材、メニュー作りに対する考え方まで、きちんと書面化されています。

 例えば「朝食には4種類のシリアルに、プレーンヨーグルトとギリシャヨーグルトを用意する」「昼食にはセルフサービスのサンドイッチコーナーを設ける」「ケチャップは〇〇のブランドを用意する」という具合。食事はビュッフェスタイルで提供するため、「パンのとなりにはこの料理を置く」「温かいものと冷たいものを分ける」など、選手が料理を取りやすいように並べ方まで要望を出すチームも少なくありません。

 また、最近の傾向として、食材にオーガニックや地場のもの、平飼いの鶏の卵などをリクエストする欧米のチームが増えています。これは、選手の体や嗜好を重視してのことだけでなく、動物や地球環境の保護に対するチームとして取り組みの表れです。

 このように、食事にはチームの社会に対する考え方まで反映されています。チームとしてのヴィジョンが明確に示されているメニュー・リクエストを見るたび、食に対するこだわりもスポーツチームとしてのあり方を示す一つである、という認識を強く感じます。

1 2

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

ラグビーワールドカップ(W杯)2019で栄養コンサルティング業務を担当。2003年ラグビーW杯日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)ほか、車いす陸上選手らトップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、ジュニア世代と保護者に向けての食育活動も行う。アメリカ栄養士会スポーツ循環器栄養グループ(SCAN)並びに、スポーツ栄養の国際的組織PINESのメンバー。アメリカ栄養士会インターナショナルメンバー日本代表(IAAND)として、海外の栄養士との交流も多い。近著に『スポ食~世界で戦うアスリートを目ざす子どもたちに~』(ベースボールマガジン社)

URL:http://food-connection.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集