[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が歴史的“怪投” 伝説ノーラン・ライアン以来、球団43年ぶりの珍記録とは

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地のレンジャーズ戦に先発登板。中15日でのマウンドは4回1安打毎回の7奪三振。7四死球を出したが、無失点だった。これは1978年のノーラン・ライアン以来の“怪投”だったという。米記者が伝えている。

レンジャーズ戦に先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
レンジャーズ戦に先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

6四球&無失点は1978年のライアン以来

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地のレンジャーズ戦に先発登板。中15日でのマウンドは4回1安打毎回の7奪三振。7四死球を出したが、無失点だった。これは1978年のノーラン・ライアン以来の“怪投”だったという。米記者が伝えている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 不思議な投球だった。大谷は初回1死から3連続四球で満塁のピンチを背負ったが、スプリットで連続三振。2回以降も毎回走者を出す苦しい展開も、要所は抑えて切り抜けた。最速は97.7マイル(約157.2キロ)を計測。カーブも効果的に使ったが、事前に予定されていた球数に達したこともあり、4回を投げ切ったところで降板した。

 80球のうちストライクは半分以下で、6四球に1死球。本来なら大きく崩れてもおかしくないような内容だったが無失点。これは歴史的な“怪投”だったようだ。全米野球記者協会のメンバーであるエリック・ステファン記者はこうツイートしている。

「ショウヘイ・オオタニは4回6四球7奪三振無失点だった。6四球以上を与えながらも7三振以上を奪った投手は、1998年のチャック・フィンリー以来、エンゼルス史上91度目のことだった(ノーラン・ライアンが57度記録)。6四球以上を与えながらも無失点だったのは、エンゼルスでは1978年のノーラン・ライアンの7四球を与えた登板以来のことだった」

 6つも四球を出しながらも無失点で切り抜けたのは、エンゼルスではMLB史上最多5714奪三振を誇るライアン以来、43年ぶりの珍記録だったという。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集