[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

選手は「得点のために戦う」以外で何をすべきか 「スポーツと栄養」会議で受けた刺激

「今後、スポーツは社会のなかでどうあるべきか?」、主催者らの発言に刺激

 主催者、そして彼ら講師陣の発言に共通していたのは、不安や困難の中にあっても、「何ができるのか」「何をすべきか」を一人ひとりが考え、アクションを起こそう、というメッセージです。

 今後、スポーツは社会のなかでどうあるべきか? 「得点やタイトルのためだけにフィールドで戦う」以外に何をしなければいけないのか? 主催者や講師陣のこのような発言を聞き、活動を知ることで、スポーツ界の片隅に身を置く一人として、彼らの熱意と行動力に刺激を受けました。

 そして、スポーツは新たな形での在り方や社会とのつながりを考える時期にきているのだと、ひしひしと感じています。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2 3

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

ラグビーワールドカップ(W杯)2019で栄養コンサルティング業務を担当。2003年ラグビーW杯日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)ほか、車いす陸上選手らトップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、ジュニア世代と保護者に向けての食育活動も行う。アメリカ栄養士会スポーツ循環器栄養グループ(SCAN)並びに、スポーツ栄養の国際的組織PINESのメンバー。アメリカ栄養士会インターナショナルメンバー日本代表(IAAND)として、海外の栄養士との交流も多い。近著に『スポ食~世界で戦うアスリートを目ざす子どもたちに~』(ベースボールマガジン社)

URL:http://food-connection.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集