[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

選手も完全菜食主義 イングランドサッカークラブが徹底する「ヴィーガン食」とは

 Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が「THE ANSWER」でお届けする連載。通常は食や栄養に対して敏感な読者向けに、世界のスポーツ界の食や栄養のトレンドなど、第一線で活躍する橋本氏ならではの情報を発信する。今回は「イングランドサッカークラブが徹底する完全菜食主義」について。

FGRでは2010年以降、食事を段階的にヴィーガン食に移行していった
FGRでは2010年以降、食事を段階的にヴィーガン食に移行していった

公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏の連載、今回は「イングランドサッカークラブが徹底する完全菜食主義」

 Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が「THE ANSWER」でお届けする連載。通常は食や栄養に対して敏感な読者向けに、世界のスポーツ界の食や栄養のトレンドなど、第一線で活躍する橋本氏ならではの情報を発信する。今回は「イングランドサッカークラブが徹底する完全菜食主義」について。

 ◇ ◇ ◇

 スポーツの世界でもベジタリアンが増えている今、世界で最も注目されているスポーツチームの一つが、イングランド・フットボールリーグ2に所属する、フォレストグリーン・ローバーズ(以下、FGR)です。

 FGRでは選手やスタッフにヴィーガン食を提供しています。ヴィーガンとは、ベジタリアンよりも厳格に植物由来の食品にこだわる完全菜食主義のこと(アメリカ栄養士会での定義)。ベジタリアンには「牛乳・乳製品はOK」「卵はOK」という人もいますが、ヴィーガンは動物性のものは完全にNG、なかには、はちみつを摂らない人もいます。

 FGRがクラブでヴィーガン食を提供するようになったのは、2010年、グリーンエネルギーの会社「エコトリシティ」がオーナーになったことから始まります。当初は受け入れられない選手もいたようですが、「レッドミート(牛や豚、マトンなどの赤身の肉)をやめる」→「ホワイトミート(鶏肉)をやめる」→「魚をやめる」と段階的にヴィーガン食に移行。選手だけでなく試合の日に販売するホームスタジアムのマッチミールも、すべてヴィーガン食を提供するようになり、2017年には初のヴィーガン認定クラブとなりました。

“ヘルシー、テイスティ、フレッシュ”が売りというFGRのマッチミールはすべて、「The Vegan Trademark」という世界基準を満たすヴィーガン料理の認証を獲得。肉や乳製品を除くだけでなく、イギリスで指定される14品目のアレルギー物質も除去しているという徹底ぶりです。マッチミールのラインナップは、ベジバーガー、ビーガンピザ、サラダ、スイートポテトフライ、ファヒータ(豆のトルティーヤ)などなど。なんとコーラもオリジナル。「グリーンコーラ」というコーヒー豆から作ったカフェインレスのコーラだそうです。

 そして、一番の売りはイギリス人が大好きなミートパイのヴィーガン版「THE Q PIE」。具材は、マッシュポテト、ねぎ、豆、玉ねぎ、ピーマン、そして植物性タンパク質で作られたQUORN(クォーン)。QUORNは肉の代わりに使われるマッシュルームのパテで、ベジバーガー(植物性の食材で作られるハンバーガー)の定番食材の一つ。トマトのソースにしょう油などで味付けして焼き上げているそうです。

 当初は選手同様、サポーターからもマッチミールの「ヴィーガン食」にはブーイングが集まったそうですが、今ではすっかり名物に。ただし、どうしてもヴィーガン食は食べたくない、というサポーターはハムのサンドイッチはスタジアムに持ち込みOKとのこと。面白いですね。

1 2

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

ラグビーワールドカップ(W杯)2019で栄養コンサルティング業務を担当。2003年ラグビーW杯日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)ほか、車いす陸上選手らトップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、ジュニア世代と保護者に向けての食育活動も行う。アメリカ栄養士会スポーツ循環器栄養グループ(SCAN)並びに、スポーツ栄養の国際的組織PINESのメンバー。アメリカ栄養士会インターナショナルメンバー日本代表(IAAND)として、海外の栄養士との交流も多い。近著に『スポ食~世界で戦うアスリートを目ざす子どもたちに~』(ベースボールマガジン社)

URL:http://food-connection.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集