[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

平昌メダル5個、東京は6位入賞のパラ選手 村岡桃佳の「ワガママを貫き通した」挑戦

3月4日から開催される北京パラリンピックに向け、順調にコンディショニングを上げているパラアルペンスキー女子座位の村岡桃佳。今季ワールドカップでは年末の4連勝を含む6勝を挙げるなど、まさに向かうところ敵なしの勢いをつけ、北京の大舞台に臨もうとしている。

平昌パラリンピックでは5個のメダルを獲得したパラアルペンスキー女子座位の村岡桃佳
平昌パラリンピックでは5個のメダルを獲得したパラアルペンスキー女子座位の村岡桃佳

東京パラでは陸上100mで6位入賞、北京パラにはアルペン前女王として出場した24歳

 3月4日から開催される北京パラリンピックに向け、順調にコンディショニングを上げているパラアルペンスキー女子座位の村岡桃佳。今季ワールドカップでは年末の4連勝を含む6勝を挙げるなど、まさに向かうところ敵なしの勢いをつけ、北京の大舞台に臨もうとしている。

【特集】自分で限界を作らない 夏冬“二刀流”に挑むパラリンピアンが見る景色 / パラアルペンスキー・村岡桃佳選手インタビュー(GROWINGへ)

 村岡と言えば、“夏冬二刀流”に挑むパラアスリートだ。2021年9月の東京パラリンピックでは、パラ陸上の女子100メートル(車いすT54)で6位入賞という大健闘を見せたが、そもそもはパラアルペンスキーの選手。4年前の平昌パラリンピックでは出場5種目全てでメダルを獲得し、冬季パラリンピックでの日本人最多メダル獲得数を記録した。

 その村岡がパラ陸上への挑戦を表明したのは、2019年4月のこと。本格的な準備期間はわずか2年半ではあったが、東京パラリンピックで入賞してしまうのだからタダ者ではない。そして今、24歳のパラアスリートは再び戦いの場を雪上に移し、平昌を超える結果を出して“夏冬二刀流”のコンプリートを目指している。

「今回の二刀流挑戦は、東京から北京、という流れだと自分の中では考えています。東京パラリンピックに出場して、やっと二刀流の挑戦をスタートできた。そして、ゴールとなる北京パラリンピックでメダルを獲得して、東京で決勝を終えた時のような達成感だったり、挑戦して良かったという思いだったりを味わいたいですね」

 世界トップレベルで争うアスリートの中で、夏冬二刀流に挑む選手は数少ない。最近ではスノーボードで五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢が、2021年東京オリンピックにスケートボード日本代表として出場したが、日本人オリンピアンとしては5人目の出来事。2種の競技で代表の座を掴むことが、いかに難しいことなのか、言わずもがなだろう。

 二刀流の難しさ、厳しさ、苦労を想定しながらも、あえて挑戦することにした村岡。果てしないチャレンジ精神に溢れた人物なのかと思いきや、「そういったことは一切なくて……」と決まり悪そうに笑いながら続ける。

「むしろ嫌いというか、苦手なんですよね。新しいことに挑戦するとか、新しい環境に飛び込んでいくとか。人見知りも激しいですし、何か新しいことを始めるのが元々好きじゃないんです。さらには、自分がパイオニアになりたいとか、第一人者としてやってみようとかいう意欲も特にないですし(笑)」

 意外な告白に驚かされるが、それでは一体何が二刀流への原動力となったのだろう。それは「好きなことをやりたい」と思う気持ちと「負けず嫌い」な性格の双方にあるようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集