[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井岡一翔の対抗王者アンカハス、王座陥落の番狂わせ 判定でV10失敗、統一戦は白紙

ボクシングのIBF世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦が26日(日本時間27日)、米ラスベガスで行われ、王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)が同級11位フェルナンド・マルティネス(アルゼンチン)に0-3で判定負けした。長く王座に君臨したが、10度目の防衛に失敗。昨年末にはWBO王者・井岡一翔(志成)との対戦が決まっていた対抗王者がベルトを失い、統一戦は白紙となった。

ジェルウィン・アンカハス【写真:Getty Images】
ジェルウィン・アンカハス【写真:Getty Images】

IBF世界スーパーフライ級タイトルマッチ

 ボクシングのIBF世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦が26日(日本時間27日)、米ラスベガスで行われ、王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)が同級11位フェルナンド・マルティネス(アルゼンチン)に0-3で判定負けした。長く王座に君臨したが、10度目の防衛に失敗。昨年末にはWBO王者・井岡一翔(志成)との対戦が決まっていた対抗王者がベルトを失い、統一戦は白紙となった。

【注目】スポーツ好きなら活用すべし アスリートとサポーターを“つなぐ”『チアスタ!』の教科書

 アンカハスは3回終了間際、左フックを当てて挑戦者をぐらつかせた。しかし、6回には攻め込まれる場面もあり、劣勢の展開。後半も激しい打ち合いに。結局、終盤にも盛り返すことはできなかった。

 井岡とアンカハスは昨年大晦日に統一戦を行う予定だった。しかし、新型コロナウイルスのオミクロン株の世界的な感染拡大を受け、日本政府は全世界を対象に外国人の入国を原則禁止することを発表。ビッグマッチ開催が見送られた。井岡は大晦日に福永亮次(角海老宝石)との防衛戦に判定勝ち。互いに統一戦は望むところだったが、白紙となった。

 アンカハスは2012年3月以来、約10年ぶりの敗戦。16年9月の王座奪取から5年5か月の在位期間を誇ったが、破れる波乱が起きた。30歳のマルティネスは14勝(8KO)で無敗をキープ。世界初挑戦だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集