[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

戦力外も経験、コーチで残れた球界を離れ… 西武本拠地で球場メシを作る元西武戦士の今

日本におけるプロスポーツの先駆けであり、長い歴史と人気を誇るプロ野球。数億円の年俸を稼ぎ、華やかにスポットライトを浴びる選手もいる一方、現役生活を終え、次のステージで活躍する「元プロ野球選手」も多くいる。そんな彼らのセカンドキャリアに注目し、第二の人生で奮闘する球界OBにスポットライトを当てる「THE ANSWER」の連載「Restart――戦力外通告からの再出発」。第7回はヤクルト、西武、日本ハムの3球団で17年間のプロ生活を送った40歳・米野智人さん。

現在はベルーナドームで「BACKYARD BUTCHERS」を運営する米野さん。ヤクルト、西武、日本ハムで17年間プレーした【画像提供:西武ライオンズ】
現在はベルーナドームで「BACKYARD BUTCHERS」を運営する米野さん。ヤクルト、西武、日本ハムで17年間プレーした【画像提供:西武ライオンズ】

連載「Restart――戦力外通告からの再出発」第7回、米野智人氏は西武本拠地で“球場メシ”提供

 日本におけるプロスポーツの先駆けであり、長い歴史と人気を誇るプロ野球。数億円の年俸を稼ぎ、華やかにスポットライトを浴びる選手もいる一方、現役生活を終え、次のステージで活躍する「元プロ野球選手」も多くいる。そんな彼らのセカンドキャリアに注目し、第二の人生で奮闘する球界OBにスポットライトを当てる「THE ANSWER」の連載「Restart――戦力外通告からの再出発」。第7回はヤクルト、西武、日本ハムの3球団で17年間のプロ生活を送った40歳・米野智人さん。

 2015年限りで西武を戦力外になり、日本ハムで1シーズンを過ごして引退。その後に飲食店経営をスタートし、現在は西武の本拠地ベルーナドームでビーガン食のスタジアムグルメを提供している。球団に残る選択肢もありながら引退を選び、「食」を仕事に選んだ背景に何があったのか。“球場メシ”を作ることになった経緯と合わせて語ってくれた。(文=THE ANSWER編集部・宮内 宏哉)

 ◇ ◇ ◇

 現役時代に守ったライトのポジションからさらに後方が、今の米野さんの“定位置”だ。2021年、ベルーナドームに「BACKYARD BUTCHERS(バックヤードブッチャーズ)」をオープン。肉の代わりに大豆を使うなど、食材に動物性のものを使用しない「ビーガン食」を提供している。

「乳製品もそうですし、ちょっと細かいですがハチミツも使っていません。環境問題もありますし、地球に優しく、人にも優しくというコンセプトでやらせてもらっています」

 店名を日本語に直訳すると「裏庭のお肉屋さん」。メインである野球場の裏側にあること、まるで肉のような味わいでありながら実は肉ではない、健康な食品を作っていることが由来となっている。大豆ミートのフライにビーガンのマヨネーズとサルサソースをかけたピリ辛味の「フライドソイチキンサルサボウル」がオススメの逸品だ。

 米野さんは2016年限りで現役引退。捕手兼コーチ補佐で所属していた日本ハムからは、翌年も契約の意志があると伝えられていたが、潔く第二の人生へ舵を切った。球団に残らず「食」を仕事にするにはどんな経緯があったのだろうか。

 北海道・北照高から1999年ドラフト3位でヤクルトに入団し、あの名捕手・古田敦也氏の後継者として期待された。2006年には古田監督の下で116試合に出場するも、2010年途中に西武にトレード移籍。外野手への転向も決断するなど1年1年が勝負で、戦力外や引退のことは頭の片隅に常にあった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集