[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西武ファン語り草の「米野、ガッツポォォー!」 あの実況に米野智人が感謝し続けるワケ

「THE ANSWER」の連載「Restart――戦力外通告からの再出発」に登場し、現在はプロ野球・西武の本拠地ベルーナドームの飲食店「BACKYARD BUTCHERS(バックヤードブッチャーズ)」を運営している40歳・米野智人さん。インタビューの中で掲載できなかった現役時代の秘話を「こぼれ話」としてここで紹介する。

現役時代の米野さん。西武ファンの語り草になっている一発とは【画像提供:西武ライオンズ】
現役時代の米野さん。西武ファンの語り草になっている一発とは【画像提供:西武ライオンズ】

ベルーナドームで飲食店を運営、米野智人さんが明かす西武時代の秘話

「THE ANSWER」の連載「Restart――戦力外通告からの再出発」に登場し、現在はプロ野球・西武の本拠地ベルーナドームの飲食店「BACKYARD BUTCHERS(バックヤードブッチャーズ)」を運営している40歳・米野智人さん。インタビューの中で掲載できなかった現役時代の秘話を「こぼれ話」としてここで紹介する。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

「あの一本がなければ、お店もやっていないかもしれません」

 10年前の2012年4月26日、未だ西武ファンの語り草になっている一発が生まれた。福岡で行われたソフトバンク戦。1-3と2点ビハインドの9回に、途中出場していた米野さんの打席が回ってきた。2死満塁の大チャンス。しかし、マウンド上は守護神ファルケンボーグ。この時点まで開幕から8戦8セーブ、防御率0.00だった。

 身長2メートル、威圧感満点の剛腕と相対した米野さんは怯まなかった。1ボールからの2球目、真ん中付近の147キロ速球を振り抜く。打球はどよめきの中、左翼席に突き刺さった。敗戦まであと1死からの逆転満塁ホームラン。「今年ダメなら、野球人生終わりかもしれない」。ヤクルトからトレードで加入して3年目、悲壮な決意で放った移籍後初アーチだった。

「僕の野球人生を振り返るうえで、あれがなければ何も残っていないくらい価値がある一本。僕以上に周りの反響が凄くて、今でもお店の横に立っていると『あれは観ていました』『凄かったですね!』とお客さんに言われます。10年も経つけれど、皆さんの記憶にも残っているんだなと」

 劇的な一発をさらに引き立たせたのが、実況で涙ながらに叫んだ文化放送・斉藤一美アナだ。「入ったぁ~~~! 米野ガッツポォォー! 移籍後初アーチが、ファルケンボーグ相手の、満塁ホームラァァァン!」「見たかこれが決意のコンバート、プロ野球生命を賭しての一振りだ!」。打撃を活かすため捕手から外野手に転向し、この1年に勝負をかけた米野さんの一発を、感情たっぷりに伝えた。

「あのホームランにインパクトが残ったのは、斉藤さんがあそこまで号泣してくれたから。あれがなければ、そこまで皆さんの記憶に残ることはなかった。今の自分があるのは、斉藤さんのおかげでもあります」。感謝を語る米野さんは昨年、ベルーナドームにてビーガン食の飲食店「BACKYARD BUTCHERS」をオープン。球場の盛り上げに一役買っている。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集