[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「心の底から、もう一度」― 7年ぶり60台を記録した堀奈津佳へ、妹・琴音が残した言葉

国内女子ゴルフ今季第2戦・明治安田生命レディスは、サイ・ペイイン(京豊エンジニアリング)のツアー初優勝で終えた。3日間を通し、さまざまな選手の思いを聞いたが、最も印象に残ったのは、2位の堀琴音(ダイセル)が、第2日のホールアウト後に発したこのコメントだった。

明治安田生命レディスに出場した堀奈津佳【写真:Getty Images】
明治安田生命レディスに出場した堀奈津佳【写真:Getty Images】

明治安田生命レディス3日間で印象に残ったコメント

 国内女子ゴルフ今季第2戦・明治安田生命レディスは、サイ・ペイイン(京豊エンジニアリング)のツアー初優勝で終えた。3日間を通し、さまざまな選手の思いを聞いたが、最も印象に残ったのは、2位の堀琴音(ダイセル)が、第2日のホールアウト後に発したこのコメントだった。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

「私が苦しかった時よりも姉の方が今、苦しいと思います。あまり気軽にコメントはできないけれど、実の姉ですし、心の底から『もう一度、優勝してほしい』と思っています」

 姉の29歳堀奈津佳は、20歳だった13年に2勝。両試合の計7ラウンドで全て60台をマークし、ツアーをけん引する新星と期待されていた。だが、15年にシード権を喪失した。16年、17年、19年は賞金0円で、昨年の明治安田生命レディスで3年ぶりに予選通過。その後は9戦連続予選落ちで、今大会の初日は12番パー4で10打をたたくなどし、84だった。

 琴音もプロ2年目の15年にシードを獲得し、16年の日本女子オープンで2位。注目の存在だったが、18年からは約3年間低迷した。そして、21年のダイキンオーキッドレディスで約2年ぶりに予選通過、同第2戦の明治安田生命レディスは8位で約3年半ぶりのトップ10入りを果たした。その後、8月のニッポンハムレディスクラシックでツアー初優勝。完全に低迷期を脱し、好調時を上回る成績を残している。

 だからこそ、長く苦しむ姉が気がかりで、今大会の初日を終えた後には「気持ちを切り替えていこう」と声をかけている。そして、第2日に奈津佳は69をマークしている。前日の84から一転して、4バーディー、1ボギー。ツアーでの60台ラウンドは15年のTポイントレディス初日以来、約7年ぶりだった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集