[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「不幸せな人が85%」 元U-16日本代表GK、高校サッカー部紹介サイトを作った理由

サッカー少年にとって、全国高校選手権は昔も今も変わらず憧れの舞台だ。多くの才能が強豪校の門を叩く一方、部活動には様々な課題も見え隠れする。その後の人生を大きく左右する「高校進学」が、幸せな選択となるために必要なことは――。自らの経験をもとに、全国の中学生年代の選手に向けて情報を発信する元U-16日本代表GKの姿を追った。(取材・文=加部 究)

「Foot Luck」という高校サッカー部紹介サイトを運営している中村圭吾さん【写真:Liva Co.】
「Foot Luck」という高校サッカー部紹介サイトを運営している中村圭吾さん【写真:Liva Co.】

「幸せな高校選びへの挑戦」第1回:中村圭吾氏が「Foot Luck」に込めた想い

 サッカー少年にとって、全国高校選手権は昔も今も変わらず憧れの舞台だ。多くの才能が強豪校の門を叩く一方、部活動には様々な課題も見え隠れする。その後の人生を大きく左右する「高校進学」が、幸せな選択となるために必要なことは――。自らの経験をもとに、全国の中学生年代の選手に向けて情報を発信する元U-16日本代表GKの姿を追った。(取材・文=加部 究)

   ◇   ◇   ◇

 国連が150カ国を対象に実施している幸福度ランキングで、2021年度の日本は56位だった。自殺率ではG7(先進7カ国首脳会議)でトップの世界7位を記録してしまったが、判断材料とされる健康寿命や国への信頼度などで救われた印象だ。

 では日本のサッカー少年たちの幸福度は、どうだろうか。いくら日本代表が強くなっても、それが上昇しなければサッカー文化が根づいていかない。やはりドイツやブラジルなど強豪国には、老若男女が生涯を通じてサッカーに熱狂し続ける土壌がある。

 ところが日本の多くのサッカー少年たちは、年齢を重ねるごとに表情を曇らせていく。とりわけ高校の部活に入った途端に、理想と現実のギャップに絶望していく選手が少なくない。全国高校選手権という夢舞台があるせいか、中学生たちは強豪校のユニフォームを着ることを夢見る。そこがプレーの適正環境を優先する他国との相違だが、反面大半が夢の実態を知らずに校門をくぐってしまう。そして一度入ってしまえば、3年間は抜け出すことができない。

「つまり高校進学は、一度ミスをしたら取り返しがつかない重要な人生の選択なんです。ところがこれだけ誰でも自在に情報が取れる時代に、唯一高校の部活の内情は、みんなが取れないんです」

 そう語るのは、この夏「Foot Luck」というWEBサイトの運営を始めた中村圭吾さんだ。現在26歳の中村さんは、小学2年生からサッカーを始め、山梨学院大学付属高校時代にはU-16日本代表にも選出されている。神奈川大学時代まで本格的にプレーし、最近になって東京都4部リーグで再開した。現在はコンサルティング会社の経営で収益を確保しながら、寝る間も削ってサイトの運営を主導。実際に高校の部活を経験した卒業生たちの口コミ等を、無償で紹介している。

「今まで周りの友人や知人と話してきた感触からして、高校時代を振り返り幸せじゃなかったと感じている人が85%くらいだと思います。幸せだったと思っている人は15%もいるかな? というのが正直なところで、たぶんそれは今も昔も変わっていない。結局中学生は、限られた情報だけで進路の取捨選択を迫られている。それが当たり前になっているからですよ」

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集