[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「不幸せな人が85%」 高校サッカー部紹介サイトを元U-16日本代表GKが作った理由

中学生を指導するコーチの言葉に「10年前と何も変わっていない」

 年明け早々に中学生を指導する同年代のコーチたちが交わす会話を耳にした。

「Aの進路は、どうする?」
「取り敢えず〇〇高校の練習会へ行かせたよ。とにかくアイツ成績悪いから、あそこでも行かせるしかないよな」

 中村さんは「これでは10年前と何も変わっていない」と愕然とした。

 コーチが横の繋がりだけで、唯一の選択肢を選手たちに押しつけて送り出してしまう。

「こんな進路サポートがまかり通っていたら、選手たちが可哀想。みんなダメになる」

 そう思った瞬間に「自分が変えなければいけない」という義務感がこみ上げた。

 もともと長い歳月をかけて、地道に努力をしていくタイプではないという。

「将来サッカー選手になりたいと、黙々と頑張るタイプではない。逆に人が困っていたら自分が助けなければならない。そういう衝動から行動を起こすタイプなんだと思います」

 最初はテスト的に、周辺の繋がりから50件ほど出身校の口コミを集めてみた。

「凄く良いか、凄く悪いかでしたが、やはり悪い方が多かった。外から見えている良い評判と、内部での捉え方は違った。選手たちが不満を抱えている強豪校がある一方で、無名でも物凄くポジティブな意見が書かれている学校もある。これを見て(サイト運営を)進めていくべきだと決断しました」

 7月にスタートして3カ月間が経過した。反響は予想以上だった。

(第2回へ続く)

■中村圭吾

 1995年10月28日生まれ。小学2年生からサッカーを始め、最初はDFだったが途中からGKに転向。山梨学院大学付属高校時代にはU-16日本代表に選出。神奈川大学でもプレーを続け、卒業後に就職し後に起業。株式会社Livaを経営しながら、今年サッカー関連サイト「Foot Luck」を起ち上げ、高校サッカー部OBの実体験に基づく声を集めた口コミサイトが好評を得ている。

(加部 究 / Kiwamu Kabe)

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近、選手主体のボトムアップ方式で部活に取り組む堀越高校サッカー部のノンフィクション『毎日の部活が高校生活一番の宝物』(竹書房)を上梓。『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(いずれもカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集