[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

着氷ミスも「+10点に値する」 機転利かせたロシア選手に海外注目「面白い動きだ」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは29日(日本時間30日)、男子ショートプログラム(SP)が行われた。この日5位になったロシア選手が、ジャンプの着氷で乱れたところを上手く次の動きにつなげたシーンに米記者が注目。機転を利かせた瞬間の実際の映像には「頭良いね」「面白い動きだ」などと海外ファンからコメントが集まっている。

スケートカナダの男子SPで5位になったエフゲニー・セメネンコ【写真:AP】
スケートカナダの男子SPで5位になったエフゲニー・セメネンコ【写真:AP】

スケートカナダSP5位のセメネンコ、着氷ミスで見せた動きとは…

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは29日(日本時間30日)、男子ショートプログラム(SP)が行われた。この日5位になったロシア選手が、ジャンプの着氷で乱れたところを上手く次の動きにつなげたシーンに米記者が注目。機転を利かせた瞬間の実際の映像には「頭良いね」「面白い動きだ」などと海外ファンからコメントが集まっている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 注目されたのは、SP5位になったロシアのエフゲニー・セメネンコ。勢いをつけてジャンプに挑んだが、着氷でバランスを崩し、右手をついてしまった。しかし、ここでめげずに体勢を立て直すと、両手を頭の上に挙げてゆっくりと立ち上がり、演技を続けた。まるでそれが予定された動きの一部分であるかのようだった。

 これに注目したのは、米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏。実際の映像を自身のツイッターに公開し、文面に「このステップアウトでの振り付けは+10点に値する」と称賛した。すると米国の人気コメンテーター、ニック・マクカーベル氏もこれに反応し「オーマイガー、私もこれが起きた時に同じことを思ったよ」と記した。

 海外ファンからは「頭良いね」「これは素晴らしい」「そうするつもりだった?笑」「超芸術的」「面白い動きだ」などとコメントが寄せられている。セメネンコはSP87.71点でSP5位。首位は106.72点のネイサン・チェン(米国)だった。田中刑事は78.83点で6位、山本草太は78.78点で7位となっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集