[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラグビーのコラム一覧

  • W杯4強や8強の目標は「結局負けて終わるじゃないですか」 ラグビー稲垣啓太、笑わない男のシンプルな本質

    2023.09.10

    9月8日に開幕したラグビー・ワールドカップのフランス大会。日本代表は「ONE TEAM」のフレーズとともに、列島に熱狂を巻き起こした2019年日本大会のベスト8を超える躍進が期待される。しかし、その中心選手として期待されるプロップの稲垣啓太は、あくまで「優勝」を目標として公言。その真意とは――。「笑わない男」と呼ばれる彼が「THE ANSWER」のインタビューに応じ、目標設定における独自の哲学、本大会にかける情熱を明かした。(取材・文=二宮 寿朗)

  • 日本代表ラガーマンが「優勝」を公言する理由 目標達成の秘訣とは(GROWINGへ)

    2023.09.07

    「スポーツから学ぶ、成長のヒント」GROWING byスポーツくじ。今回は、ラグビー日本代表の稲垣啓太選手が登場する。2014年に日本代表として初出場し、ラグビーワールドカップは2015年イングランド大会と2019年日本大会に出場。南アフリカ代表を破ったブライトンの奇跡、日本代表史上初の1次リーグ突破&ベスト8入りの当事者となった。いくつもの壁を乗り越え、大きな目標を達成するために、稲垣選手はどのようなアプローチを取っているのか。後編では、稲垣選手の目標設定方法と達成するためのマインドセットに迫る。

  • 日本代表ラガーマンが明かす成長秘話 意識が変わった恩師との出会い(GROWINGへ)

    2023.08.31

    「スポーツから学ぶ、成長のヒント」GROWING byスポーツくじ。今回は、ラグビー日本代表の稲垣啓太選手が登場する。これまでラグビーワールドカップには2015年イングランド大会と2019年日本大会に出場し、日本代表の躍進に貢献。所属する埼玉パナソニックワイルドナイツではチームを国内屈指の強豪に押し上げる原動力となっている。スクラム最前列のプロップとして、決して派手さはないもののチームの屋台骨を支える献身的なプレーに定評があるが、その基礎となる部分はいつ形作られたのか。前編では、現在の稲垣選手に大きな影響を与えた2人の恩師について迫る。

  • ラグビー日本代表、W杯直前「1勝5敗」の現実 4年前から1試合平均「10.8得点」減少の要因は?

    2023.08.30

    ラグビー日本代表はワールドカップ(W杯)フランス大会前最後のテストマッチでも、課題を残して開幕へのカウントダウンに入った。イタリアの古都トレビーゾで8月26日に行われた同国代表戦は21-42と大敗。残り10分を切って7点のビハインドと食らいついたが、結果的には1度もリードを奪われずに終盤突き放された。W杯前の代表戦(非公認戦を含む)は通算1勝5敗と苦闘続きのまま終了。2019年の日本大会ではプール戦を全勝で突破して史上初のベスト8進出を果たした日本代表だが、躍進を支えた緻密な組織プレーが未完成のままW杯キックオフを迎える。大会初戦まで2週間を切った中、日本は4年前のように輝けるのか。イタリア戦で浮上した課題と弱点、そして学びも読み取りながら、開幕目前の日本代表の実力を検証する。(文=吉田 宏)

  • 「過去のW杯ではなかった」 4度目出場の堀江翔太、ラグビー日本代表「33分の19」に期待の理由

    2023.08.23

    ラグビーワールドカップ(W杯)フランス大会(現地時間9月8日開幕)に挑む日本代表は、8月19日に事前合宿を行うイタリア・トレビゾへ向けて旅立った。現地時間26日のイタリア戦を経て、9月10日のチリ代表とのプールD第1戦(トゥールーズ)へと準備を進める。15日のメンバー発表会見で、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は、当初の33人ではなく30人のみを発表。18日に残りのメンバーを決め、渡航日には帯同するバックアップメンバー3人を発表するなど、慌ただしいやり繰りの中での出発となった。15日のメンバー発表前にもポジションごとに勢力図を紹介したが、あらためて正式に発表された「33+3人」で挑む、ベスト8超えという挑戦の可能性を考える。(文=吉田 宏)

  • ラグビー日本代表「W杯メンバー33人」大予想 ポジション別“勢力図”から考察するベスト布陣は?

    2023.08.14

    ラグビーワールドカップ(W杯)開幕まで1か月を切り、ファンの思いも一足早くフランスに向かっているだろう。注目の日本代表も8月5日のフィジー戦で国内試合を終えて、15日のW杯メンバー33人の発表を待つ。誰が代表入りするのか、誰が外れるのか……。こんな想像を膨らませるファンも多いだろうが、本コラムでもジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)のこれまでの選手起用、ジャパンの戦術、戦いぶりを踏まえた上で、理想のW杯戦士を考えてみた。(文=吉田 宏)

  • ラグビーW杯まで1か月、日本代表の“精巧なパズル”は完成するか 国内前哨戦「1勝4敗」を検証

    2023.08.09

    ラグビー日本代表は9月開幕のワールドカップ(W杯)フランス大会に向けて、8月5日に「リポビタンDチャレンジカップ2023」の最終戦を行い、フィジー代表に12-35と完敗した。前回W杯のベスト8超えを目指すジェイミー・ジャパンにとって、試金石と位置付けられた今季の国内代表戦は1勝4敗で終了。15日の運命のW杯メンバー発表を待つ。4年前のW杯前哨戦は、優勝した南アフリカ(7-41)にこそ敗れたが、今年も対戦したフィジー(34-21)、トンガ(41-7)、そしてアメリカ(34-20)を連破して世界の祭典に臨んだだけに、ファン、関係者も不安を抱きながら開幕まで残り1か月を切った。W杯8強突破という新たな時代を切り開く実力は、今の日本代表にあるのか。その可能性と課題を、ここまでの戦いから検証する。(取材・文=吉田 宏)

  • ラグビー日本代表は「もっと強かった」 敵将指摘の現在地、W杯で生命線となる異色の戦術とは

    2023.08.02

    9月に開幕するワールドカップ(W杯)へ強化を進める日本代表は、7月29日に東大阪花園ラグビー場で行われた「リポビタンDチャレンジカップ2023」で、トンガ代表に21-16で競り勝ち、W杯イヤー4戦目にして初勝利を掴んだ。チームにとっては連敗を止めたことも大きな安心材料になったが、速いテンポの攻撃や防御で「らしさ」が見えてきたことで進化を印象づけた。同時に、今年に入ってからの4試合で浮かび上がるのは、FW戦の核となるLO(ロック)不在というメンバー構成で戦う異形のスタイル。サイズ、パワー以上に機動力、運動量に磨きをかけてフランスで挑むのは、前回W杯のベスト8超え。その可能性と課題を、トンガ戦までの戦いぶりから読み解く。(取材・文=吉田 宏)

  • W杯前哨戦に見えたものとは? 3連敗のラグビー日本代表、リーチ“初レッド”で先送りされた課題

    2023.07.27

    9月に開幕するワールドカップ(W杯)フランス大会へ強化を続ける日本代表は、7月22日に北海道・札幌ドームで行われた「リポビタンDチャレンジカップ2023」でサモア代表に22-24と惜敗。昨秋からの“代表戦”は6連敗になった。W杯イヤー初のテストマッチ(正式な代表戦)だったが、チームの支柱でもあるNO8(ナンバーエイト)のリーチ・マイケル(東芝ブレイブルーパス東京)が危険なタックルで一発退場。50分間を14人で戦う苦境での今季3連敗に、チームもファンも落胆の色は濃いが、進化を読み取れるプレーも見えた。勝利から遠ざかる日本代表の「いま」、そして3連敗を通じて見えてきた可能性を考える。(取材・文=吉田 宏)

  • W杯まで「まだ7週間ある」 世界最強“2軍”に2連敗も…ラグビー日本代表が見出した光明とは

    2023.07.19

    ラグビー日本代表は15日、熊本・えがお健康スタジアムで行われたオールブラックスXVとの「リポビタンDチャレンジカップ2023」第2戦に27-41で敗れ、2連敗となった。ノートライの6-38で敗れた第1戦よりは見せ場もあったが、攻守両面でいまだ熟成途上というチーム状態を今回も感じさせた。第1戦で世界最先端のラグビーを見せられたオールブラックス(ニュージーランド代表)予備軍からは、今回も試合運びや戦況の読みなどで学びがあった。これからのテストマッチ、そして8強突破に挑む9月開幕のワールドカップ(W杯)フランス大会で、世界最強の2軍チームからの教訓を、どこまでチーム力に変えられるかも課題になる。(取材・文=吉田 宏)

  • 日本の穴は「見えていた」 32点差の完敗、世界最強“NZ予備軍”が提示したラグビーW杯への宿題

    2023.07.13

    日本代表のワールドカップ(W杯)イヤー初戦は、オールブラックスXV(フィフティーン)に6-38の完敗に終わった。7月8日、聖地・秩父宮ラグビー場を満席に埋めた注目の一戦だったが、ニュージーランド代表予備軍に攻守に主導権を握られてのノートライ負け。2019年大会のベスト8進出を支えた高度な組織力、スピードアタックも、6月の合宿で重点を置いたタックルも調整段階を印象づけた。その一方で、世界トップ10クラスの実力を誇るオールブラックスXVのプレーからは、W杯本番でも強豪国が仕掛けてくるだろう世界クラスのプレー、そして日本対策を読み取ることができた。(取材・文=吉田 宏)

  • ラグビーが「難しくなっている」 1試合で6回のTMO、リーグワン名勝負から考える最適な運用法

    2023.06.18

    日本のラグビーシーンはリーグワンが5月20日の決勝戦で幕を閉じ、6月12日から日本代表合宿がスタートするなど、ファンの関心も9月に開幕するワールドカップ・フランス大会へと移っていく。2シーズン目を終えたリーグワンは、初優勝を遂げたクボタスピアーズ船橋・東京ベイの躍進や、代表入りも果たした新人賞のCTB(センター)長田智希(埼玉パナソニックワイルドナイツ)、相手防御を最も突破したベストラインブレーカー賞を獲得したWTB(ウィング)木田晴斗(S東京ベイ)ら若い力が熱戦を盛り上げた一方で、準決勝のS東京ベイVS東京サントリーサンゴリアスでは、終了目前のあわや逆転というプレーがTMO(テレビジョン・マッチ・オフィシャル)と呼ばれるビデオ判定によって「ノートライ」となった。

  • 南ア撃破の地に「雰囲気が似ている」 ラグビー大野均、日本代表のW杯8強突破を確信する理由

    2023.06.06

    ラグビー・ワールドカップ(W杯)フランス大会開幕まで100日となった5月31日、東京・南麻布のフランス大使館で、元日本代表LO(ロック)大野均さんの「フランス観光親善大使」任命式が行われた。初めて出場したW杯が、今年と同じフランスが舞台だった2007年大会、昨秋もフランス観光開発機構の招きでW杯開催地を中心に同国を巡るなど縁があることも手伝い、スポーツ選手では異例の観光親善大使に指名された。就任式の席で、日本最多の代表98キャップを誇るレジェンドは、W杯へ向けて6月12日から強化合宿に臨む日本代表の今、そして8強突破というミッション達成のためにいかに戦うかを熱く語った。(取材・文=吉田 宏)

  • ラグビー日本代表「46→33人」サバイバル W杯8強超えへ、51日間の強化合宿のポイントは?

    2023.05.30

    ラグビーワールドカップ(W杯)フランス大会の開幕まで5月31日で100日となるなか、24日に日本代表スコッドが発表された。顔ぶれは代表36人と、同候補10人。代表には9人のノンキャップ選手も名を連ね、33人のW杯メンバーを争うフランスへのスタートラインに立った。一方で同日にブリーフィングを行った藤井雄一郎ナショナルチームディレクターは、代表合宿が選手選考からチームの戦術を固めていく段階へと移行してきたことも認めている。日本代表が目標に掲げるW杯ベスト8突破というミッション遂行のために、首脳陣の言葉からは6月12日から始まる合宿の鍵を握る強化ポイントも浮かび上がる。(取材・文=吉田 宏)

  • ラグビー日本代表、世界「最上位層」入りの背景 加速する“縦軸”交流、王国NZと提携した意義

    2023.05.24

    日本ラグビーが新たな時代へと足を踏み入れた。5月10日に東京都内で、日本ラグビー協会(JRFU)の岩渕健輔専務理事とニュージーランド(NZ)協会のマーク・ロビンソンCEOが会見を開き、両協会による覚書(パートナーシップ)の締結を発表した。今後、オールブラックス(ニュージーランド代表)ら同国代表、準代表クラスのチームが毎年日本代表級のチームと対戦するなど、2国間の交流を加速させる。

  • 悲願のリーグワン1部昇格の舞台裏 三重ホンダヒート、入替戦の重圧はね返した信頼と対応力

    2023.05.20

    ラグビーのリーグワン・ディビジョン2(D2)の三重ホンダヒート(三重H)は、5日と13日に行われた入替戦に連勝し、念願のディビジョン1(D1)昇格を果たした。

  • U20日本代表の秘密兵器に? 英名門大に通う19歳、母の祖国で追うプロラグビー選手になる夢

    2023.05.16

    ラグビー・リーグワンで昨季に続きプレーオフに進出し、初の決勝進出を果たしたクボタスピアーズ船橋・東京ベイに、異色の大学生が練習生として参加している。19歳のハリー・ウィラードは、英国人の父と日本人の母の間に生まれ、英国の名門ダラム大に通いながら二足の草鞋で母親の母国でラグビーにも打ち込んでいる。正式に選出はされていないが、6月の世界大会に挑むU20(20歳以下)日本代表でもその可能性が注目されている。野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、米国人の父と日本人の母を持つラーズ・ヌートバーが注目を浴びたが、ハリーはどんな未来を思い描いて日英での挑戦を選んだのか。ラグビー版ヌートバーの可能性や課題をハリー本人、そして関係者に聞いた。(取材・文=吉田 宏)

  • 「早慶明だけがラグビーじゃない」 名将・春口廣、関東学院大を黄金期に導いた雑草魂と反骨心

    2023.04.27

    関東学院大学を学生最強チームに鍛えた春口廣監督が、今季から女子ラグビーチーム「YOKOHAMA TKM(横浜TKM)」の監督という挑戦をスタートした。前編では73歳名将の新天地での挑戦について紹介したが、後編では関東学院大でどのように選手を育て、チームを常勝軍団へと鍛えていったかを聞く。関東大学ラグビーリーグ戦グループ3部のチームを、ユニークなラグビースタイル、チーム文化を築きながら大学選手権王者へと駆け上がったストーリーの中には、学生スポーツの強化や指導、そして部活運営に関するさまざまなアイデアやヒントを読み取ることができる。(取材・文=吉田 宏)

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集