[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

テニス界で表面化した選手への心ない非難 現役選手が明かす過酷な「実情」

明確な対策がない現状…選手が目の前の戦いに集中できる環境の整備が必要

 SNSの閉鎖も対策法のひとつだが、そう簡単に踏み切れない事情もあると綿貫は話す。

「どの選手にも契約メーカーが存在し、PRなどのメリットもあります。閉鎖には経済的、そしてブランディング的にもリスクはあるのです。専属のPR担当が付くトッププレーヤーはメディア担当が迅速に対応しますが、それができるのはツアーでほんの一握りではないのでしょうか。現在のテニス界では、誰もが対応しなければいけない問題なのです」

 男子プロテニス協会(ATP)と女子テニス協会(WTA)は、選手を守るためどのような対策を講じているのだろうか。

「現時点では対策はされていません。アグート選手の発言はスペインの新聞でも取り上げられていましたが、これがきっかけで何かが動けばいいかもしれません。このようなことは今後なくなってもらいたいです」

 正々堂々と戦った先に、「勝利」と「敗北」の結末が待っているのが勝負の世界の常。選手が目の前の戦いに集中できる環境を整える必要があるだろう。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集