[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「僕だって怖いさ」 NBA希代のクラッチプレーヤーが明かす「本音」と「信条」

NBAクリーブランド・キャバリアーズのカイリー・アービングが先日、プロモーションツアーで初来日を果たした。試合の重要な局面でシュートを沈めて勝利を呼び寄せる「クラッチプレーヤー」として名を馳せる25歳のポイントガードが、日本のバスケットボールファンに伝えたかったこととは――。

初来日した若きクラッチプレーヤー「ほぼ毎日、バスケに時間を費やしてきた」

 NBAクリーブランド・キャバリアーズのカイリー・アービングが先日、プロモーションツアーで初来日を果たした。試合の重要な局面でシュートを沈めて勝利を呼び寄せる「クラッチプレーヤー」として名を馳せる25歳のポイントガードが、日本のバスケットボールファンに伝えたかったこととは――。

 日本で言う小学4年生の頃、アービングは自分の部屋のクローゼットの壁に「将来はNBAに入って見せる」と書き記したという。その“誓い”は、2011年にドラフト1巡目1位指名という最高の形で果たされた。

 2011-12シーズンに平均18.5得点、3.7リバウンド、5.4アシストで新人王、14年にはNBAオールスターでMVPを受賞。2015-16シーズンには“キング”ことレブロン・ジェームズとともにリーグ優勝を果たすなど、スターダムを駆け上がった。アメリカ代表としても、14年ワールドカップで金メダル&大会MVP、昨年のリオデジャネイロ五輪でも母国の金メダル獲得に貢献している。

 バスケットボールを始めてから「ほぼ毎日、それに時間を費やしてきた」と自負するアービング。そこまで打ち込むことができたのは、「勝利へのこだわり」と「ベストプレーヤーになりたい想い」があったからだと語る。

「全ては自分の内なる部分、ハートから始まるんだ。僕は勝つために、そしてベストプレーヤーになるためにすべてを尽くしてきた。バスケットボールへの愛情は、年々深まっている。それを忘れずに、みんなにも気持ちを注いでいってほしい」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集