[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メイウェザーとも「やりたいですね」 “最強”目指す堀口恭司が強敵を求める真意とは

UFCに参戦した日本人ファイターの中で過去最高の成績を残した堀口恭司【写真:Getty Images】
UFCに参戦した日本人ファイターの中で過去最高の成績を残した堀口恭司【写真:Getty Images】

那須川天心へのリベンジも誓う「一回負けているので、やり返さないと」

 堀口からすると相手の土俵で戦ったわけだが、勝負はどちらに転ぶんでもおかしくないほど白熱した。最後は僅差の判定で那須川に軍配が上がったが、“異種格闘技戦”は見事にかみ合い、両者には惜しみない拍手が送られる屈指の名勝負となった。今、改めて堀口はあの試合を振り返る。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

「強いなと思いました。でももう一回、時期がきたらやりたいなと。もちろん同じルールで。総合でやったら相手にはならないですから。一回負けているので、やり返さないと。プラス日本が盛り上がるならやらないわけにはいかないですよね」

“世紀の再戦”への意欲を口にしている。

 まずは目前に迫ったコールドウェルとのリマッチ。ベラトールという相手の土俵にあがり、返り討ちにする。堀口は「一度勝っているので、もっともっと攻略して、KOを決めて勝ちたいですね」と力を込める。

 さらに「各団体のチャンピオンベルトを獲りたいなと思っています」と続けるのだが、格闘技に生活のほとんどを捧げるほど、ストイックな日々を送っている堀口にとってのモチベーションは一体どこにあるのだろうか。

「モチベーションですか? よく聞かれるのですが、あんまりないんですよね。これが自分の普通なので……。毎日同じ生活しているので、普段特別考えることはないです。だから、モチベーションは何だろう……。もちろんお金を稼ぎたいという思いは多少はありますが、有名になりたいとは思わない。強いて言うなら、もっと強くなりたいですかね。まだまだです。強くなるために、今はがむしゃらにやってますね」

 強くなりたい――。ただそれだけを目指して、リングに上がり、そしてトレーニングを積み重ねているのだ。

 では堀口にとっての強さとは何なのか。

「単純に自分がいま求めているのは、人間的な強さじゃなくて体の強さ。ですけど、一番求めているのは心の強さです。ブレないこと」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集