[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

怪我の少ない身体を作るには 現役MLB日本人コーチが語る理想的な「育て方」

スポーツ選手にとって、怪我は永遠のテーマだ。怪我をしなければ最高だが、怪我はつきもの。ましてや、野球のように身体の片側に寄った不自然な動きを繰り返すスポーツでは、動作を繰り返すうちに特定の部分に負担が掛かり、故障が発生する。それが、ピッチャーでは肘の靱帯や肩、野手では脇腹といった部分に現れやすいのだろう。

レッドソックス百瀬喜与志コーチに聞く、怪我の多い選手と少ない選手の差は?

 スポーツ選手にとって、怪我は永遠のテーマだ。怪我をしなければ最高だが、怪我はつきもの。ましてや、野球のように身体の片側に寄った不自然な動きを繰り返すスポーツでは、動作を繰り返すうちに特定の部分に負担が掛かり、故障が発生する。それが、ピッチャーでは肘の靱帯や肩、野手では脇腹といった部分に現れやすいのだろう。

 怪我を繰り返す選手がいる一方で、怪我とは無縁の選手もいる。例えば、メジャーリーグ・マーリンズのイチロー外野手の場合、17年に及ぶメジャー生活の中で故障者リスト(DL)入りしたのは、2009年に胃潰瘍を患った時だけ。ジャイアンツのエース左腕マディソン・バムガーナーも今季デビュー9年目で初めてDL入りしたが、怪我の原因は休日のダートバイクでの転倒だった。

 怪我の多い選手と少ない選手。その差はどこにあるのか……。レッドソックスでヘッド・ストレングス&コンディショニング・コーチを務める百瀬喜与志コーチは「遺伝による部分も大きい」としながらも「怪我の少ない身体に近づくことは出来る」と話す。

「子供の頃に、いかに多くのスポーツや動きを経験したか、というのは大きな要素になると思います。野球に限らず、スポーツは一定の動きに偏りがち。だから、子供の頃にいろいろな動きを経験し、身体に『こんな動きもあるんだ』と知らせておくのはいいことです」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集