[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【新体操】五輪出場1枠を争った2選手の絆 ライバルの思い背負ってリオへ

“残酷”なリオへの道のりだった。15年シュツットガルト世界選手権で、日本勢が獲得した個人の出場枠は1。日本協会は、実力が拮抗する皆川と早川を競わせて、代表を決定する方針を打ち出した。

20160710_minagawa

個人で五輪代表となった皆川夏穂

 リオデジャネイロ五輪新体操の女子個人で、初出場の皆川夏穂(イオン)が8位入賞に挑む。

 昨年の世界選手権15位で五輪出場枠を獲得し、早川さくら(イオン)との一騎打ちを制して代表内定。「日本一厳しい」選考レースにも自分の演技を貫き「代表として五輪に臨む自覚も出てきた。最大限に楽しんで、強い気持ちでやりきりたい」とリオでの最高の演技を思い描いている。

 “残酷”なリオへの道のりだった。15年シュツットガルト世界選手権で、日本勢が獲得した個人の出場枠は1。日本協会は、実力が拮抗する皆川と早川を競わせて、代表を決定する方針を打ち出した。

 選考4大会を設定し、各大会上位に立った選手に「1勝」を与え、2勝2敗ならば枠を獲得した皆川を代表にするというルールだった。結果的に皆川が選考3大会目で2勝を挙げ、最終戦を待たずに内定した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集