[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、ナダルは復活できたのか 専門家分析「“蟻地獄”スタイル戻った」

男子テニスの世界ランキング2位、ラファエル・ナダル(スペイン)は、全仏オープンで史上最多10度目の優勝という偉業を成し遂げた。2年間の雌伏の時を経て、31歳のベテランはなぜ、優勝できたのか。全盛期を彷彿させるクレーコートでの強さを見せつけた復活劇の裏には「原点回帰」と「2メートルの修正」があったと専門家は分析している。

3年ぶり全仏V…31歳復活劇の裏にあった「原点回帰」と「2メートルの修正」

 男子テニスの世界ランキング2位、ラファエル・ナダル(スペイン)は、全仏オープンで史上最多10度目の優勝という偉業を成し遂げた。グランドスラムでのタイトルは、2014年の全仏オープン以来。2年間の雌伏の時を経て、31歳のベテランはなぜ、優勝できたのか。全盛期を彷彿させるクレーコートでの強さを見せつけた復活劇の裏には「原点回帰」と「2メートルの修正」があったと専門家は分析している。

「ナダルは昨年まで手首の故障に悩まされていましたが、実はプレー面でも迷走気味でした」

 こう語るのは、プロテニス選手の綿貫敬介だ。

「ジョコビッチが台頭した時期から『速いテニス』が男子シングルス界のトレンドになりました。ベースラインから2メートルから3メートル遠ざかった地点でラリーを展開するのがナダルの流儀でしたが、ショートポイント(サービスから早くポイントを奪う)を増やそう、速いテンポで打たなければ、ネットプレーに出なければ、とスタイルを変更した影響で、近年は本来の自分を見失っていた印象があります」

 2014年シーズンは全仏オープンで優勝こそ果たしたが、左手首の故障、虫垂炎など健康面で苦しんだ。プレースタイルのモデルチェンジも、時流に合わせようとしすぎたために奏功せず。15年シーズンは独壇場のはずのクレーコートでもタイトルを逃し、翌シーズンもリオデジャネイロ五輪の3位決定戦で錦織圭(日清食品)に敗れ、銅メダル獲得はならなかった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集