[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、ナダルは復活できたのか 専門家分析「“蟻地獄”スタイル戻った」

独特の“蟻地獄”スタイルも復活「自信も取り戻し、完全に復活した」

「全豪オープンとマイアミ・オープン決勝でフェデラーに負けてしまいましたが、この2試合はフェデラーが良すぎた。敗戦の一方で、しっかりとプレーの手応えは掴んでいたと思います。その後、クレーコートシーズンでモンテカルロ・マスターズからマドリード・オープン、バルセロナ・オープンと3週連続で出場しましたよね。そこでナダルは完全復活を印象付けました」

 また、バックハンド以外にもナダルのプレーの質は上がったと綿貫は分析する。

「ナダルの好不調のバロメーターは、クロス方向に打ったボールにどれだけ威力があって、どれだけ深いところに入っているかというのがポイントです。基本的に調子が良い時には、バックハンドのパッシングショット、クロスのパッシングショットでのウィナーが頻繁に出ます。流れに乗り切れない時期はそれがネットにかかるなど、振り切れてなくて決まっていなかった。

 今年は序盤から良いボールが出てきたなという印象がありました。プレースタイル的にもしっくりきていて、無理して攻め急ぐこともなかった。ナダル独特の、圧倒的なフィジカルを生かして“蟻地獄”に相手を引きずり込むようなスタイルも出てきました。モンテカルロでの優勝をきっかけに自信も取り戻し、完全に復活しました」

 どんなショットにも追いつくフィジカル、ショットの鋭さ、そして本来の粘り強さ――。試行錯誤の2年間で苦しみ抜いた“赤土の帝王”は、原点回帰でかつての輝きを放っている。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集