[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山、歴史的猛チャージ! 大会記録に1打差「65」、現地はプレー中に「危険」速報

男子ゴルフの四大メジャー第2戦、全米オープン2日目は16日(日本時間17日)、松山英樹(レクサス)が7バーディー、ノーボギーで、この日全選手のベストスコアとなる「65」をマーク。通算5アンダーとし、初日の82位タイから8位タイへ急浮上した。猛チャージを受け、トーナメントレコードに迫っていたことを米メディア「SB NATION」がプレー中から速報していた。

全米OP2日目、全選手トップ「65」は大会記録に1打差、8位浮上でV戦線躍り出る

 男子ゴルフの四大メジャー第2戦、全米オープン2日目は16日(日本時間17日)、松山英樹(レクサス)が7バーディー、ノーボギーで、この日全選手のベストスコアとなる「65」をマーク。通算5アンダーとし、初日の82位タイから8位タイへ急浮上した。猛チャージを受け、トーナメントレコードに迫っていたことを米メディア「SB NATION」がプレー中から速報していた。

 初日2オーバーと出遅れた松山が、2日目にいよいよ本領を発揮。歴史的猛チャージを見せた。

 1、2、4番、さらに6番から8番まで3連続バーディーを奪う圧巻のプレーを披露。記事では「フロント9で6アンダー、わずか30で回るショーを見せつけた」と記されている。

 さらに前半の怒涛のバーディーラッシュを受け、まだラウンド中にもかかわらず、松山の絶好調ぶりを速報した。

「大会屈指のショットメーカーが、ティーからグリーンまでのお手本を見せた。ジョニー・ミラーが達成した1ラウンド8アンダーの記録が危険にさらされている状態だ」

 1970年代に活躍した名ゴルファー、ジョニー・ミラーの記録を更新する快挙に迫る勢いでバーディーラッシュを奪っていたことをこう記していた。

 10番以降の9ホールでは13番での1バーディーのみ。記録更新とはならなかったが、ノーボギーで切り抜けた松山はスコアを一気に7つ伸ばし、ポール・ケイシー(英国)ら4人が並ぶ首位と2打差にまで迫った。

 爆発的なチャージによって、一気に優勝戦線に躍り出たことは確かだ。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集