[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

選手のプレーを劇的に変えた“2分半の声かけ” 積極性を生む「褒めまくる」言葉の力

東京国際大学出身でドイツに渡った上船利徳は、故障のため現役を退くと、即座に「指導者として日本サッカーを変えていく」目標を定めた。

上船氏が考える選手の力を引き出す秘訣は、選手を楽しませることだ【写真:荒川祐史】
上船氏が考える選手の力を引き出す秘訣は、選手を楽しませることだ【写真:荒川祐史】

【“型破りサッカー人”が挑む指導法|第3回】楽しい瞬間を思い描いて変わる選手のメンタルと動き

 東京国際大学出身でドイツに渡った上船利徳は、故障のため現役を退くと、即座に「指導者として日本サッカーを変えていく」目標を定めた。

 最近では友人が監督を務める鹿児島の中学サッカー部を訪れ、ベンチに入って視察した。前半は防戦一方。立て続けに4失点し、チャンスも作れない状況を見て、上船は友人に提案した。

「ハーフタイムに話していい? 俺、変えられるから」

 屈辱的な前半を終え、悄然として戻ってきた選手たちに上船が声をかけ、後半はテクニカルエリアに立った。そしてわずか2分半のミーティングを経て、チームは一変した。後半のスコアは2-1、他にも5回ほど決定的なチャンスを演出したという。

「両チームともに後半も同じメンバーで臨みました。どちらの当事者もびっくりしていました」

 上船は、そう言って秘策を明かした。

「2分半で上手くなることはありません。でも(選手自身が)自分が一番楽しい瞬間を描くことで、一気にメンタルが変わります」

 最も象徴的なのが、あまり調子が良くないFWがゴールを決めた途端に動きが変わる現象だ。上船は、ハーフタイムに個々の選手たちに理想のプレーと目標を尋ねた。

「たくさん良いパスをつなぎたい。良いクロスを上げたい。インターセプトをしたい。素晴らしいセーブをしたい。球際で負けない……。全てのポジションの選手に目標があります。ゴールを決めた選手は、その瞬間に全てのチームメートから祝福され、自分のプレーを高く評価してもらえる。気持ちが高揚し、自然と積極的で自信に満ちたプレーに変わりますよね。一方でハーフタイムに掲げた個々の目標は、それぞれの選手たちにとってのゴールです。そのプレーが上手くいった瞬間を見逃さずに、僕は全て褒めまくりました」

 楽しく積極的な雰囲気がチーム全体に伝わり、見違えるパフォーマンスが引き出された。

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集