[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドラフト指名漏れの裏にある物語 野球とアメフト、2つの甲子園に立った青年の「10.20」

10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議。競合の末に1位指名されるなど、夢への挑戦権を掴んだ一方で、名前を呼ばれず夢断たれた者もいる。四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスの23歳・吉村優投手は、高校野球と大学アメフトで2つの「甲子園」を経験。しかも、現役大学院生という異色のキャリアで、独立リーグからNPBに挑んだ。1年半見守った記者が、そのチャレンジを振り返った。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

ドラフト指名を目指した徳島・吉村優【写真:球団提供】
ドラフト指名を目指した徳島・吉村優【写真:球団提供】

徳島インディゴソックスの150キロ右腕、現役大学院生でもある23歳・吉村優の挑戦

 10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議。競合の末に1位指名されるなど、夢への挑戦権を掴んだ一方で、名前を呼ばれず夢断たれた者もいる。四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスの23歳・吉村優投手は、高校野球と大学アメフトで2つの「甲子園」を経験。しかも、現役大学院生という異色のキャリアで、独立リーグからNPBに挑んだ。1年半見守った記者が、そのチャレンジを振り返った。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 126人。今年のドラフト会議で指名された人数である。対して、NPBを目指す高校・大学生に義務付けられたプロ志望届の提出者は341人。加えて、その義務のない社会人野球、独立リーグの在籍者を合わせれば、さらに多くの者が「10.20」に夢を乗せて見守り、多くの者が「10.20」に夢破れたことになる。

「指名漏れ」という言葉は「戦力外」と同様、秋の野球界で悲哀の色に塗られ、野球ファンの関心を引く。

「やり切りました。たくさん悔しい想いをしてきて、今も悔しいけど、毎日を全力で1日も妥協せずにやってきた。NPBを目指すのは今日で終わり。後悔はないです」

 最後まで指名を続けたソフトバンクの選択終了からおよそ40分後。LINEの電話口から聞こえる吉村の声は、清々しさを感じさせるものだった。

 ドラフト直前、多くのメディアが異色の経歴の選手を取り上げたが、彼もそこに分類される一人だった。初めて会ったのは昨年5月。高校・大学の先輩で、現在は指導者として活躍する内田聖人さんから「面白い後輩がいるんです」と紹介された。内田さんが運営するジムで取材した際、言われた目標に驚いた。

 大学アメフト部を経て、野球に転向し、1年半後の2022年ドラフト会議で指名を目指す――。

 語ってくれた経歴は、確かに異色に満ちていた。最初に握ったのは白球。小学2年生で観た06年夏の甲子園、斎藤佑樹を擁する早実が優勝した。「自分も早実で甲子園優勝したい」。受験で早実中に入り、早実高2年夏は背番号16の控え投手で甲子園出場。登板はなかったが、1学年下の清宮幸太郎とともに4強入りした。

 3年夏は斎藤と同じ背番号1をつけた。西東京大会8強で敗退したものの、完全燃焼。「自分のゴールは高校野球と決めていた。燃え尽きられたので、惰性で次の4年間を使ったらもったいない」。野球には区切りをつけ、また新たなフィールドで日本一を目指したいと、早大進学後はアメフト部に入部した。

 未経験の楕円球に持ち替えたが、司令塔のクォーターバックとして血の滲む努力を重ね、3年冬に大学日本一を決める甲子園ボウルに出場。タッチダウンも記録した。4年生では副将を務め、コロナ禍に見舞われた1年間を奔走。そして、部活を引退した翌日、再び野球に転向する決断を下した。理由はこうだ。

「高校の時に決めていた限界とか、得られていた達成感なんて本当にちっぽけだったと思うくらいの毎日でした。本気ってこういうことなんだと学んだので、この4年間の経験を持って野球に戻ったら、自分はもっと上のステージに行けるんじゃないかと思ったんです」

 対人競技で鍛えた肉体は強さを増した。練習を始め、ほんの数か月で高校時代に134キロだった最速は145キロに到達。後に1年足らずで150キロに届くことになる。

1年半前、初めて取材した日の吉村【写真:中戸川知世】
1年半前、初めて取材した日の吉村【写真:中戸川知世】

 週に一度は本屋に入り浸る読書家。しかも、基幹理工学部情報理工学科に在籍した理系で、早大大学院に進学。大学で執筆した卒論は「相槌を打つチャットボットがブレーンストーミングに与える影響」。AIの技術で人間の心理にアプローチし、チームビルディングに結びつける研究をスポーツ界に将来生かしたいという。

 現役大学院生がドラフト指名されたら、大学アメフト部在籍とともに異例だ。「僕の中では、野球も勉強もずっと2つ一緒にやってきて、両方が両方に良い影響を与えるもの。勉強を辞める選択肢はなかった」。取材中に「過去に取材してきて、伸びる選手と伸びない選手の差はどこに感じますか?」と逆質問もされた。

 慣れない取材で恐縮し、自分が答えることで精一杯になることが多いが、どこか達観して、自分を成長させることに興味が向いている。面白い若者だと思った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集