[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 「復活というよりも進化」― 専門家が分析するフェデラー躍進の要因は?

「復活というよりも進化」― 専門家が分析するフェデラー躍進の要因は?

休養明けで全豪OP決勝に勝ち上がったフェデラー、18度目のグランドスラム制覇なるか

 男子テニスの世界ランク17位のロジャー・フェデラー(スイス)が全豪オープンで復活をアピールしている。4回戦では同5位の錦織圭(日清食品)をフルセットの末に撃破し、26日の準決勝では同4位のスタン・ワウリンカ(スイス)に7-5、6-3、1-6、4-6、6-3で勝利した。決勝では同9位のラファエル・ナダル(スペイン)と対戦する。

 これまで17度のグランドスラム制覇を誇るレジェンドは昨季、左膝の治療のため後半戦欠場を宣言。リハビリの日々を送り、年明けに復帰したばかりだった。その中でここまで快進撃を見せ、ついに決勝に進出。そんな35歳に関して専門家からは「進化している」という証言も出ている。

「フェデラー選手は全盛期のテニスに近づいています。それどころか、以前よりもフォアハンドとバックハンドのストロークが進化しています。ダウンザラインへの展開の早さ、正確性、威力が抜群に上がっている。フォアハンドも、バックハンドもストレートのボールがライン上に来ています。近年はストレートに打った時にコートの内側に打球が入ることも多かった。今回の全豪オープンではダウンザラインの精度が抜群です。全盛期よりも上かもしれません。復活というよりも進化しているイメージです」

 プロテニス選手の綿貫敬介はそう解説し、フェデラーのストロークのクオリティの高さを絶賛する。ただの「復活」ではなく、「進化」すら垣間見えるプレー。そんなベテランには戦術面にも変化が見て取れるという。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー