[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 全豪OP決勝進出のナダルに「目に見える変化」 地元紙が「復活の要因」分析

全豪OP決勝進出のナダルに「目に見える変化」 地元紙が「復活の要因」分析

テニスの全豪オープンで男子シングルス決勝に進出した世界ランク9位のラファエル・ナダル(スペイン)。準決勝では同15位のグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)を4時間56分の激闘の末に破り、3年ぶり4度目の決勝進出を引き寄せた。

29日の決勝でフェデラーと激突へ

 テニスの全豪オープンで男子シングルス決勝に進出した世界ランク9位のラファエル・ナダル(スペイン)。準決勝では同15位のグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)を4時間56分の激闘の末に破り、3年ぶり4度目の決勝進出を引き寄せた。

 昨年は左手首の負傷で全仏オープンを途中棄権。その後のウィンブルドン選手権も欠場するなどケガに苦しむシーズンとなった。しかし、迎えた今大会は復調を遂げ、2014年の全仏オープン以来となるグランドスラム決勝に進出。29日には宿命のライバル、ロジャー・フェデラー(スイス)と雌雄を決することになった。

 そんな30歳に関して、スペインの地元紙が「ナダルが好調を取り戻した5つの理由」と題して、復調の要因を分析している。スペイン地元紙「マルカ」電子版が伝えている。

 同紙が挙げた第1の要因は同郷で元世界1位のカルロス・モヤ氏との契約だ。昨季までミロシュ・ラオニッチ(カナダ)のコーチを務めたモヤ氏とのタッグは奏功しているようで、記事では「オーストラリアでのナダルの試合は目に見えて変化が出ている」とレポートしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー