[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

たった一人の女子マラソン代表 涙の松田瑞生が背負った直前欠場2人の悔しさ、責任、重圧【世界陸上】

オレゴン世界陸上の女子マラソンが18日、米オレゴン州ユージンで行われ、27歳の松田瑞生(ダイハツ)が日本人大会最速2時間23分49秒の9位で入賞に届かなかった。一山麻緒(資生堂)、新谷仁美(積水化学)が新型コロナウイルス陽性で欠場。日本勢唯一の出場となり、混乱の状況下でド根性を見せた。「日の丸の責任」を背負ったレースだった。優勝は2時間18分11秒のゴティトム・ゲブレスラセ(エチオピア)。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

世界陸上女子マラソン、レースを終えた瞬間に涙した松田瑞生【写真:西村尚己/アフロスポーツ】
世界陸上女子マラソン、レースを終えた瞬間に涙した松田瑞生【写真:西村尚己/アフロスポーツ】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上の女子マラソンが18日、米オレゴン州ユージンで行われ、27歳の松田瑞生(ダイハツ)が日本人大会最速2時間23分49秒の9位で入賞に届かなかった。一山麻緒(資生堂)、新谷仁美(積水化学)が新型コロナウイルス陽性で欠場。日本勢唯一の出場となり、混乱の状況下でド根性を見せた。「日の丸の責任」を背負ったレースだった。優勝は2時間18分11秒のゴティトム・ゲブレスラセ(エチオピア)。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 日の丸の重みをたった一人で受け止めた。朝日に照らされたオレゴンの街。16日に一山の、17日に新谷の欠場が決まった。「覚悟を持ってスタートに立った」。午前6時15分、松田の戦いが始まった。

 スタート直後からハイペースの海外勢。いきなり離され、上下するペースに対応できなかった。折り返しは入賞ラインの8位から21秒差の13番手。第2集団からも遅れ、ズルズルと後退した。その後、自身より上位のアフリカ勢が途中棄権。根性の見せどころが訪れた。

 34キロで8位に15秒差、35キロで8秒差。沿道から9位だと知らされた。「一つでも前に、一秒でも前に」。背中を捉えた。38キロで4秒、39キロで3秒、40キロでついに2秒。「ずっと全力だった」。日本人2大会連続の入賞へ、文字通り手の届く位置まで迫った。

 ライバルたちもラストスパート。背中が遠のき、最後は15秒差。終始一人きりだった42.195キロを終えた瞬間、涙が止まらなくなった。大阪出身で“なにわのド根性”が売りの勝気な性格。自分に厳しく、想いが強いだけにレース直後から謝罪の言葉を繰り返した。

「恩返しとして感謝の気持ちで走り切りたかったけど、期待に応える走りができず申し訳ない気持ちでいっぱいです。ただただ、力がないと思う走りでした。前半も、中盤も、後半もこれが今の自分の精一杯。ただただ、力がない。レースに出させていただいて感謝しています」

 汗なのか、涙なのかもわからない。フィニッシュエリアで出迎えた山中美和子コーチにも謝罪した。「あと一人まで行ったじゃない。よく耐えてくれたよ。走り切っただけでもいい。ありがとう」。コーチも泣いていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集