[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中田英寿と16歳から深めた絆 歴代日本代表で果たした、“宮本恒靖にしかできない”役割

2002年日韓ワールドカップ(W杯)の開催から、今年で20周年を迎えた。日本列島に空前のサッカーブームを巻き起こした世界最大級の祭典は、日本のスポーツ界に何を遺したのか。「THE ANSWER」では20年前の開催期間に合わせて、5月31日から6月30日までの1か月間、「日韓W杯、20年後のレガシー」と題した特集記事を連日掲載。当時の日本代表メンバーや関係者に話を聞き、自国開催のW杯が国内スポーツ界に与えた影響について多角的な視点から迫る。

16歳の時から2006年ドイツW杯まで日本代表で戦い続けた宮本恒靖(右)と中田英寿【写真:ロイター/アフロ】
16歳の時から2006年ドイツW杯まで日本代表で戦い続けた宮本恒靖(右)と中田英寿【写真:ロイター/アフロ】

「日韓W杯、20年後のレガシー」#28 宮本恒靖の回顧録・第3回

 2002年日韓ワールドカップ(W杯)の開催から、今年で20周年を迎えた。日本列島に空前のサッカーブームを巻き起こした世界最大級の祭典は、日本のスポーツ界に何を遺したのか。「THE ANSWER」では20年前の開催期間に合わせて、5月31日から6月30日までの1か月間、「日韓W杯、20年後のレガシー」と題した特集記事を連日掲載。当時の日本代表メンバーや関係者に話を聞き、自国開催のW杯が国内スポーツ界に与えた影響について多角的な視点から迫る。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 日韓W杯に向けてフィリップ・トルシエ監督が率いた4年間は、日本サッカーの歴史を大きく変えた中田英寿の全盛期だった。当時の世界最高峰リーグであるイタリア・セリエAでプレーする絶対的エースの存在は、ともすれば若手の多いチームで浮いてしまうが、そこで融合に一役買ったのが宮本恒靖だ。「回顧録」第3回では、年代別代表からともに戦い、対等な立場で意見を交わしてきたからこそ生まれた2人の絆に迫る。(取材・文=佐藤 俊)

 ◇ ◇ ◇

 黒のフェイスガードをつけ、鬼気迫る姿でフラットスリーを統率し、グループリーグ第2戦のロシア戦(1-0)ではW杯史上初勝利を挙げ、決勝トーナメント進出に貢献した。

 だが、宮本恒靖がチームを統率したのはピッチの中だけではなかった。エキセントリックな監督の下、日本のエースをピッチ内外でフォローするという宮本にしかできない役割を果たしていた。

 その相手が、中田英寿だった。

「シドニー五輪最終予選の壮行試合だった日韓戦(1999年9月7日/4-1)の時に、初めてヒデ(中田)が来たけど、トップレベルでプレーしている選手がチームに入ってくるインパクトはかなり大きかった。でも、最初はみんな遠慮していて、ヒデもなんかやりづらさを感じているようだった。このままだと良くないな、なんとかしないと、と思いましたね」

 中田は98年フランスW杯後、セリエAのペルージャに移籍し、1年目から圧倒的な存在感を示していた。U-22日本代表(当時)に招集された時、誰もが中田の凄さに圧倒され、容易には近づけない感じになっていた。宮本は中田と同じ77年の早生まれで、U-17日本代表でもプレーした旧知の仲だった。チーム内で対等に中田にものが言えるのは宮本しかおらず、またキャプテンでもあったので必然的に“中田番”のような存在になっていった。

「下から一緒にやってきたのは自分しかいなかったから、自然とそんな感じになったと思う」

1 2 3

佐藤 俊

1963年生まれ。青山学院大学経営学部を卒業後、出版社勤務を経て1993年にフリーランスとして独立。W杯や五輪を現地取材するなどサッカーを中心に追いながら、大学駅伝などの陸上競技や卓球、伝統芸能まで幅広く執筆する。『箱根0区を駆ける者たち』(幻冬舎)、『学ぶ人 宮本恒靖』(文藝春秋)、『越境フットボーラー』(角川書店)、『箱根奪取』(集英社)など著書多数。2019年からは自ら本格的にマラソンを始め、記録更新を追い求めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集