[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

常識破りの二盗阻止が米話題「痛そう」「魔法だ」 首で“捕球”→強肩発動の仰天プレー

米大リーグでワンバウンド投球を首で止めて、盗塁を刺す驚きのプレーが話題を集めている。オリオールズの38歳ベテラン捕手、ロビンソン・チリーノスが生んだミラクルに米ファンからは「魔法だ」「痛そう」などの声が寄せられている。

オリオールズの、ロビンソン・チリーノス【写真:ロイター】
オリオールズの、ロビンソン・チリーノス【写真:ロイター】

オリオールズのチリーノスが珍プレーを披露

 米大リーグでワンバウンド投球を首で止めて、盗塁を刺す驚きのプレーが話題を集めている。オリオールズの38歳ベテラン捕手、ロビンソン・チリーノスが生んだミラクルに米ファンからは「魔法だ」「痛そう」などの声が寄せられている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 25日(日本時間26日)に行われた敵地ホワイトソックス戦。0-0で迎えた2回無死一塁で、先発のスペンサー・ワトキンズが投じた変化球はワンバウンド。その球がなんとチリーノスの首とマスクの間に挟まるような形で収まったのである。しかも球を素早く抜き取って二塁に送球。スタートを切っていた一塁走者を刺した。

 予期せぬハプニングにも冷静な対応が光った好守。MLB公式SNSは文面に「チリーノスはマスクの中で球を捕り、走者を刺した」と状況を記して、実際の映像を公開した。コメント欄の米ファンからは「魔法だ」「チリーノスは過小評価されている」「これはクレイジー」「痛そう」「素晴らしい」などの反響が集まっている。

 チリーノスは38歳のベテラン捕手。18年までレンジャーズに6年間在籍し、ダルビッシュ有投手(現パドレス)とバッテリーを組んでいたことなどで知られている。38歳の好プレーもあり、オリオールズは6-2で勝利を収めている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集