[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2冠王者アフマダリエフが残忍12回TKOでV3 未来の“井上尚弥のライバル候補”が貫録

ボクシングのIBF&WBAスーパー世界スーパーバンタム級タイトル戦が25日(日本時間26日)、米テキサスで行われ、2団体統一王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)が指名挑戦者の同級1位ロニー・リオス(米国)を12回TKOで破り、WBAスーパー、IBFともに3度目の防衛に成功した。

ムロジョン・アフマダリエフ【写真:Getty Images】
ムロジョン・アフマダリエフ【写真:Getty Images】

Sバンタム級世界タイトル戦でリオスを撃破

 ボクシングのIBF&WBAスーパー世界スーパーバンタム級タイトル戦が25日(日本時間26日)、米テキサスで行われ、2団体統一王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)が指名挑戦者の同級1位ロニー・リオス(米国)を12回TKOで破り、WBAスーパー、IBFともに3度目の防衛に成功した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 判定も見えた12回に決着した。試合を優位に進めてきたアフマダリエフの強烈な左ボディーがリオスに効いた。ここぞとばかりに王者は執拗に左ボディーを3発打ち込み、ダウンを奪った。なんとか立ち上がったリオスに対して、猛ラッシュを仕掛け、レフェリーストップ。残忍な幕切れを見せつけた16年リオデジャネイロ五輪バンタム級銅メダリストはコーナーに上がり、雄叫びを上げた。これでデビューからの連勝を11(8KO)に伸ばし、2本のベルトを守った。

 米専門メディア「ボクシングシーン.com」は「ムロジョン・アフマダリエフはジュニアフェザー級のトップを簡単に仕留められると印象付けた」と報じ、「最終12回で逆転するためにリオスはKOが必要だったが、アフマダリエフがショーを閉めた。ボディーブローを食らい、防御ができなくなったリオスはパンチを食らい続けて膝をついた。レフェリーが試合を止めて、リオスは救われるしかなかった」と試合を評した。

 スーパーバンタム級は、IBF&WBAがアフマダリエフ、WBC&WBOがスティーブン・フルトン(米国)と2人で4本のベルトを保持しており、4団体統一戦が期待されている。そして、バンタム級の3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が近い将来、転級を視野に入れており、階級アップした場合、井上のライバルになりうる存在だ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集