[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、運命の赤で結ばれたJALとの縁 米挑戦から支える担当者が見た企業視点の魅力

米大リーグで5年目のシーズンを送るエンゼルス・大谷翔平投手は、野球の常識を覆す投打二刀流で地位を確立。礼儀正しく、少年のようにプレーを楽しむ姿は、日米の野球ファンのみならず、老若男女を魅了する。なぜ、この男はそれほどまでに愛されるのか。「THE ANSWER」の連載「人間・大谷翔平の肖像」はシーズン中、さまざまな立場から背番号17を語る記事を掲載。実力だけじゃない魅力を紐解き、大谷のようなトップアスリートを目指すジュニア世代の成長のヒントも探る。

大谷翔平をサポートするJAL、「目標となる存在」と語る理由とは【写真:ロイター】
大谷翔平をサポートするJAL、「目標となる存在」と語る理由とは【写真:ロイター】

連載「人間・大谷翔平の肖像」第3回、JAL宣伝部の渡邉裕紀さんが語る企業視点の魅力

 米大リーグで5年目のシーズンを送るエンゼルス・大谷翔平投手は、野球の常識を覆す投打二刀流で地位を確立。礼儀正しく、少年のようにプレーを楽しむ姿は、日米の野球ファンのみならず、老若男女を魅了する。なぜ、この男はそれほどまでに愛されるのか。「THE ANSWER」の連載「人間・大谷翔平の肖像」はシーズン中、さまざまな立場から背番号17を語る記事を掲載。実力だけじゃない魅力を紐解き、大谷のようなトップアスリートを目指すジュニア世代の成長のヒントも探る。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 大谷は日本企業にとっても魅力的な存在だ。第3回は渡米時から4年間、大谷をサポートしてきた日本航空(JAL)の渡邉裕紀さんに話を聞いた。サポート契約を結んだ2018年から4年間担当。大谷がもたらしてくれる好影響や、なぜJALにとって目標となる存在と言えるのか。企業側の視点で語ってもらった。(取材・文=THE ANSWER編集部・宮内 宏哉)

 ◇ ◇ ◇

「大谷さんの担当と名乗れることが、本当に光栄でした」

 オンライン取材の画面越しに、感慨深い表情を浮かべた渡邉さん。2017年9月に関連会社からJAL宣伝部に出向。着任まもなく、大谷とのサポート契約という大仕事に携わり、MLB挑戦1年目から4年間に渡って大谷を支えてきた。

 JALは日本の航空会社として、初の国際線運航を開始した歴史を誇る。「世界で一番選ばれ、愛されるエアライングループ」を目指し、「挑戦」を重要視している。世界を舞台に活躍するアスリートは、同社にとって目標となる存在。大谷のほか、錦織圭、渋野日向子ら数多くの選手をサポートしている。

 中でも大谷は特に、JALの目指す姿を体現していると言える。あのベーブ・ルース以来の二刀流でプレーし、昨季はMVPを獲得。ブレずに挑戦する生き様、プレー以外の礼儀正しさや、ふとした仕草でも日米に愛される存在となった。

「世間が『二刀流は通用しない』と言っていたとしても、結果的にMLBのルールを変えてしまうくらい突き進み、なおかつ広く愛される方。野球の実力だけじゃなくて、周りの人にも真摯な対応をされているからこそ愛されているんだろうと。JALにとってまさに目標とも言える存在です」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集