[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小祝さくら、グリーン手前20y跳ねて2オン珍事 幸運のワケは「観客の方が教えてくれた」

国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディス第2日が10日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で開催された。3アンダーの10位から出た小祝さくら(ニトリ)は4バーディー、1ボギーの69で回って通算6アンダー。4位タイにつけた。インスタートの17番パー5(521ヤード)では、第2打がマンホールに大きく跳ねてグリーンオンする幸運があった。初日は、1度カップインしたボールが飛び出して15メートル戻るショットがあったが、連日のミラクルショット。小祝ワールドは、プレーでも全開だ。

10番でセカンドショットを放つ小祝さくら【写真:Getty Images】
10番でセカンドショットを放つ小祝さくら【写真:Getty Images】

宮里藍サントリーレディス第2日

 国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディス第2日が10日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で開催された。3アンダーの10位から出た小祝さくら(ニトリ)は4バーディー、1ボギーの69で回って通算6アンダー。4位タイにつけた。インスタートの17番パー5(521ヤード)では、第2打がマンホールに大きく跳ねてグリーンオンする幸運があった。初日は、1度カップインしたボールが飛び出して15メートル戻るショットがあったが、連日のミラクルショット。小祝ワールドは、プレーでも全開だ。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 17番パー5。小祝は、ピンまで残り230ヤードの第2打を3番ウッドで放った。ボールはグリーン手前で大きく跳ねて、ピン手前15メートルに2オン。小祝自身は状況が分からなかったという。

「あっ、これは(第2打が)左側にあったマンホールで跳ねたらしいです。20ヤードぐらい。最初、(ボールの行方が)打ったところから見えていなくて、『こんなの乗るのかな~』と思ったら、ギャラリーの方が教えてくれました」

 このラッキーを生かして、小祝はバーディーをゲットした。

「前のホール(16番)で、同じ15メートルから3パットしていますが、17番もファーストパットを3メートルもショートしました。でも、それが入って良かったです」

 初日の4番パー5(525ヤード)では、小祝が放った第3打が、着弾とともに「カコーン!」と音を立てた。弾道はピンの根元を刺しており、そのままカップインのスーパーショットかと思われた。しかし、ボールは勢いよく飛び出して15メートルも戻ってしまった。

 このショットについて、小祝は「まあ、運がまあなかったということで」と気に留めていなかったが、一夜明けてのラッキーには「ビックリしました」とニコリ。「ボギーの後ですし、パー5だったのでバーディーになって良かったです」と少し声を弾ませた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集